国際市場向けのMeizu 16thの販売価格を公開

MEIZUによるQualcomm Snapdragon 845を搭載したフラッグシップモデルのMeizu 16thの国際市場における販売価格を公開しました。

 

AliExpressでMEIZU公式が開店したMEIZU Official StoreにMeizu 16thが入荷されたことによって価格が判明しています。Meizu 16thは2モデル展開で、6GB+64GBモデルが475.88米ドル(約53,000円)、8GB+128GBモデルが568.88米ドル(約63,000円)に設定されています。

中国では大画面モデルとなっているMeizu 16th Plusが発表・販売されていますが、ロシア市場や国際市場では販売されません。様々な認証機関でもMeizu 16th Plusが国際展開しないことがわかっており、Meizu 16th Plusが欲しいのであれば中国版を買うしかありません。

 

今現在先行予約(プレセール)が行われており、6GB+64GBのブラックとホワイトと8GB+128GBのブラックの予約が可能です。ロシア市場では10月20日までに販売をすると発表していますので、8月中はおろか9月中の到着は厳しいと思われます。

現実的には中国版を買う方が早く届きますが、Xiaomiスマートフォンの様にブートローダーアンロックをして国際版に変更するという方法がMEIZUには無いので気をつけてください。

 

Meizu 16thの主なスペックは、型番はM882H、Android 8.1.0 OreoをベースとしたFlyme 7を搭載し、6.0インチのFHD+(2160×1080)のSuper AMOLEDディスプレイ、SoCはQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform、GPUはQualcomm Adreno 630、容量は6GB+64GB/8GB+128GBの2モデル展開、外部ストレージに非対応、リアカメラは1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは2000万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3010mAh、カラー展開はブラックとホワイトの2色です。

 

AliExpress