蘇寧818で一番売れたメーカーはHuawei、スマートフォンはApple iPhone 7とXiaomi Mi 6

中国のECサイト蘇寧(SUNING)が8月1日 ~ 8月20日まで行った比較的長いセール「蘇寧818」の成果を発表しました。

 

支払金額が前年比145%の成長、オンラインストアでは203%、加盟店では50%も成長しているようです。

 

全てのスマートフォンにおいて一番売り上げたのはApple、Androidでは金額・台数ともにオンラインストアがXiaomi、加盟店ではHuaweiという結果になりました。

 

オンラインストアにおける売上台数TOP10は、Apple、Xiaomi、honor、Huawei、MEIZU、OPPO、vivo、SAMSUNG、PHILIPS、meituとなりました。

オンラインでの販売に力を入れているhonorがHuaweiを上回り、うまく販売ができているようです。

 

加盟店でのTOP10は、Huawei、Xiaomi、honor、Apple、OPPO、vivo、SAMSUNG、MEIZU、meitu、nubiaとなっています。

ターゲットを自撮りをする女性に絞ったmeituが双方でランクインし、加盟店ではSnapdragon 835・RAM 8GBのnubia Z17を発表したnubiaがランクインしています。

 

オンラインショップにおいて一番の成長が望めたのはHuawei、加盟店ではhonorとなっています。

 

売上台数が1番だったのが、オンラインショップではApple iPhone 7、加盟店ではXiaomi Mi 6という結果になりました。

落ちたと言われ続けているXiaomiですが、このようなセールが行われると必ずと言ってTOPを飾るあたりまだまだ強いです。

 

オンラインショップ・加盟店での販売台数TOP10は、Apple iPhone 7、Xiaomi Redmi 4X、iPhone 7 Plus、iPhone 6s Plus、honor Enjoy 6X、Xiaomi Mi 6、Xiaomi Mi 5X、honor V9、honor 9、Huawei Enjoy 6Sとなっています。

OPPOやvivoがランクインしていないという結果で、何かひとつのスマートフォンが売れているわけではなく、まんべんなく売れていることがわかります。

 

参考

1000元 -> 約16,000円

2000元 -> 約32,000円

3000元 -> 約49,000円

 

価格別TOP3では1000元未満がXiaomi Redmi 4X、Huawei Enjoy 6S、Xiaomi Redmi Note 4Xで、1000元 ~ 1500元未満ではhonor Enjoy 6X、Xiaomi Mi 5X、honor 8 liteとなっています。

 

1500元 ~ 2000元未満ではhonor 8、Xiaomi Mi Max2、Huawei nova liteで、2000元 ~2500元未満ではhonor 9、vivo X9、Huawei nova2となっています。

 

2500元 ~ 3000元未満ではXiaomi Mi 6、honor V9、OPPO R11で、3000元 ~ 4000元未満がiPhone 6s Plus、Huawei Mate 9、iPhone 6sで、4000元以上はiPhone 7、iPhone 7 Plus、Huawei P10 Plusという結果になりました。

 

元画像

Source