Meizu 16Xの先行予約受付を開始

9月19日に発表予定のMeizu 16Xの先行予約受付を開始したことを告知しました。

中国市場向けに販売されるスマートフォンはこのような先行予約キャンペーンは一般的です。

 

中国での予約には購入する意志を伝える“预约(yuyue)”と支払いの発生する“预订(yuding)”がありますが、Meizu 16Xは販売されていないので前者の予約となります。つまり100万人予約したとしても100万人必ず買うかと言われたらそうではありませんので注意が必要です。

とは言え顧客がMeizu 16Xにどれだけ興味を持っているのかわかるバロメーターになったり、安定した供給を行えるように人数を把握するために行っています。

 

TENAA(中華人民共和国工業情報化部)によって公開されたMeizu 16Xの主なスペックは、Android 8.1.0 Oreo、6.0インチFHD+(2160×1080)AMOLEDディスプレイ、CPUは2.2GHzのオクタコア構成、リアカメラが1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラが2000万画素、容量は6GB+64GB/6GB+128GBの2モデル展開、外部SDカードに非対応、バッテリー容量は3000mAh、カラー展開は磨砂黒(ブラック)と陶瓷白(セラミックホワイト)、磨砂金(ゴールド)の3色です。

SoCはQualcomm Snapdragon 710を搭載予定でSnapdragon 845を搭載したMeizu 16thとMeizu 16th Plusの廉価モデルとして開発されています。Meizu 16thの最低モデル(6GB+64GB)モデルが2698元なのでそれ以下になるのは確定しています。

 

Source(1) | Source(2)