Snapdragon 480 5Gのベンチマークスコアが判明。VS. Snapdragon 750G 5G、Snapdragon 690 5G、Snapdragon 460

Snapdragon 480 5Gのベンチマークスコアが判明。VS. Snapdragon 750G 5G、Snapdragon 690 5G、Snapdragon 460

Benchmark

Snapdragon 4シリーズ初の5G対応製品となるSnapdragon 480 5Gのベンチマークスコアが判明しましたので、Snapdragon 750G 5GとSnapdragon 690 5G、Snapdragon 460と比較を行います。

 

Snapdragon 480 5Gのスペックは、Samsung 8nm LPP製造プロセス、CPUはKryo 460アーキテクチャを採用した2xARM Cortex-A76 2.0GHz+6xARM Cortex-A55 1.8GHzのオクタコア構成、GPUはAdreno 619 @650MHzとなっています。

 

通信面はSnapdragon X51 5G Modemを搭載し、FR1で定義されているSub-6GHz帯だけでなくFR2で定義されているmmWave(ミリ波)にも対応しており、現時点ではSnapdragon 6シリーズよりも優れています。この他FHD+環境での120Hzの高リフレッシュレート対応や、最新のストレージ規格UFS 2.2対応、Wi-Fi 6対応、急速充電規格Quick Charge 4+対応などSnapdragon 4シリーズとは思えないほどの高い性能を有しています。

 

比較対象としてSnapdragon 750G 5GとSnapdragon 690 5G、Snapdragon 460を選んだ理由として、前者2つの製品はGPUにAdreno 619とAdreno 619Lを採用しているため非常に似た製品となっていること、Snapdragon 460は4G対応製品のSnapdragon 4シリーズにおいて1番性能が高いからです。ちなみにAdreno 619Lの“L”は劣っていることを意味し、Adreno 619とAdreno 619Lは同じ周波数であっても後者のほうが劣ります。

 

Snapdragon 480 5GのAnTuTu Benchmark v8スコアはCPU性能が94,778点、GPU性能が70,355点、MEM性能が64,084点、UX性能が60,716点で総合性能は289,933点となっています。Snapdragon 460と比較するとCPU性能は約55%、GPU性能は約210%の性能向上に成功しており、Snapdragon 480 5GはSnapdragon 4シリーズの枠組みを貫いてSnapdragon 6シリーズにまで進んでいます。

 

ただ、CPUの性能はA77+A55で周波数の高いSnapdragon 750G 5Gが119,504点、A77+A55で少し周波数の低いSnapdragon 690 5Gが106,617点、A76+A55のSnapdragon 480 5Gは94,778点となっておりA77を採用していないことでSnapdragon 7シリーズやSnapdragon 6シリーズとはいい意味で差が生まれ、Snapdragon 4シリーズの製品として正しい位置にいることが出来ると思います。

 

そして、同じAdreno 619(シリーズ)を持つSnapdragon 750G 5GとSnapdragon 690 5Gと比較すると、800MHzのSnapdragon 750G 5Gは77,432点、565MHzのSnapdragon 690 5Gは62,344点、650MHzのSnapdragon 480 5Gは70,355点となっており、周波数通りの差が生まれています。

 

CPU性能を計測するのに長けているGeekbench 5ではシングルコア性能が519点、マルチコア性能は1,538点という結果になりました。

 

Snapdragon 460と比較してシングルコア性能は約104%、マルチコア性能は30%の性能向上に成功しており、シングルコア性能の大幅成長の要因としてCPUがARM Cortex-A73からARM Cortex-A76と非常に高性能なものに変更されたことが考えられます。マルチコア性能の性能向上がシングルコア性能ほどではないのは、CPUの構成が4+4から2+6に変更されたことが要因です。

 

製品が出て日があまり経っていないので確定するには早いですが、Snapdragon 480 5Gの登場によって少しだけQualcommの製品展開が見え、CPU性能とGPU性能を非常に高くしたものがSnapdragon 8シリーズ、CPU性能とGPU性能を高くしたものがSnapdragon 7シリーズ、CPU性能を高くしGPUはそれほど重視しないのがSnapdragon 6シリーズ、CPU性能は程よく高くGPU性能も程よく高いのがSnapdragon 4シリーズとなっていくのかもしれません。

 

今回の比較には載せていませんが、Snapdragon 480 5Gは4G対応のSnapdragon 6シリーズ製品に属するSnapdragon 675やSnapdragon 662よりも圧倒的に性能が優れているため、乗り換え先として候補に入れるのは問題ありません。むしろ価格によってはお得に性能向上が出来るため、積極的に検討するべきだと思います。