4月18日よりMeizu 15の予約を開始

4月22日に発表されるMEIZU創立15周年を記念したMEIZU 15シリーズスマートフォンのMeizu 15の予約を2018年4月18日0:00(CST)より予約開始することを告知しました。MEIZU 15シリーズはMeizu 15 PlusMeizu 15Meizu 15 Liteの3モデル展開が明らかになっていますが、4月18日にどのモデルの予約ができるのかは明らかにしておらず、告知としてはMEIZU 15のみが書かれている状態です。

 

予約を受け付けるのはオンライン店舗ではMEIZU公式オンラインストアの魅族官方商城、魅族天猫官方旗艦店、魅族京東官方旗艦店、魅族蘇寧官方旗艦店、魅族国美旗艦店で、オフライン店舗は魅族全国専売店、国美、蘇寧、迪信通、楽語を含めたソーシャルチャネルの販売店から可能となっています。

中国における主要な販売店全てで予約受付が可能で、創立15周年を記念したをモデルを販売するにあたってかなり力が入っていると考えています。

 

ちなみに発表前に予約を開始したQualcomm Snapdragon 660を搭載したOPPO R15の予約数は300万人を超えていましたので、MEIZU 15は50万人超えあたりが大きな目標になりそうです。記念モデルの販売がうまくいかないと「魅族(meizu)倒閉(daobi)」、MEIZUは倒産する。そんな発言が真になる時がぐっと近づくでしょう。

 

TENAA(中華人民共和国工業情報化部)によって公開されたMeizu 15 Plusと思われる「M891」のスペックは16:9のアスペクト比の5.95インチのWQHD(2560×1440)のAMOLEDディスプレイ、Android 7.0 NougatをベースとしたFlyme OS、CPUの最大クロック数が2.5GHzのオクタコア構成、RAM容量は4GB/6GBの2種類、内蔵ストレージの容量は64GB/128GBの2種類、外部SDカードに非対応、リアカメラは1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは2000万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3430mAhです。サイズは153.8 x 78.25 x 7.25 mmで、重さは178gです。カラーバリエーションはマットブラック、マットゴールド、ブラッシュドブラック、ホワイトの4色展開です。

Meizu 15と思われる「M881」のスペックは16:9のアスペクト比の5.46インチのFHD(1920×1080)のAMOLEDディスプレイ、Android 7.1.1 NougatをベースとしたFlyme OS、CPUの最大クロック数が2.2GHzのオクタコア構成、RAM容量は4GB/6GBの2種類、内蔵ストレージの容量は64GB/128GBの2種類、外部SDカードに非対応、リアカメラは1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは2000万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は2940mAhです。サイズは143 x 72 x 7.25 mmで、重さは152gです。カラーバリエーションはブラッシュドブラック、セラミックホワイト、ブラッシュドゴールド、ブラッシュドブルーの4色展開です。

Meizu 15 Liteと思われる「M871」のスペックは16:9のアスペクト比の5.46インチのFHD(1920×1080)のIPS液晶ディスプレイ、Android 7.1.2 NougatをベースとしたFlyme OS、CPUの最大クロック数が2.2GHzのオクタコア構成、RAM容量は3GB/4GB/6GBの3種類、内蔵ストレージの容量は32GB/64GB/128GBの3種類、外部SDカードに対応(最大128GB)、リアカメラは1200万画素のシングルカメラ、フロントカメラは2000万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3050mAhです。サイズは143.62 x 72.38 x 7.5 mmで、重さは145gです。カラーバリエーションはマットブラック、マットゴールド、ブラッシュドブラックの3色展開です。

 

Source