Qualcommは最大周波数2.71GHzのSnapdragon 768 5Gを準備中、“Lito”シリーズは4製品存在か

Qualcommは最大周波数2.71GHzのSnapdragon 768 5Gを準備中、“Lito”シリーズは4製品存在か

Antutu Benchmark
スポンサーリンク

QualcommがSnapdragon 768 5Gを準備していることがGeekbenchによって明らかになりました。混同すると思うので先に記載すると、Redmi K30 5G Speed(Redmi K30 5G 極速版)が搭載しているものはSnapdragon 768G 5Gです。

 

QUALCOMM Lito for arm64の名称で計測され、スペックはAdnroid 10+RAM 8GBとなっています。Geekbench v4.2環境でのスコアはシングルコア性能は3,306点、マルチコア性能は7,110点となっています。

 

Geekbenchには開発者向けコードが有り、それを利用すると詳しい内容を見ることが可能になっています。その開発者向けコードを使用し詳しく見るとCPUは1+1+6のオクタコア構成で周波数は2.71GHz(2707MHz)+2.34GHz(2342MHz)+1.80GHz(1804MHz)、GPUはAdreno 620を採用しています。Snapdragon 768G 5Gは同じく1+1+6のオクタコア構成で周波数は2.80GHz(2803MHz)+2.40GHz(2400MHz)+1.80GHz(1804MHz)、GPUはAdreno 620を採用しており、今回姿を表したQUALCOMM Lito for arm64はSnapdragon 768G 5Gの低クロックモデルとなりますので、命名規則から考えるとSnapdragon 768 5Gになると考えています。

 

ちなみに“Lito”はコードネームで、Snapdragon 765 5GSnapdragon 765G 5Gも同じです。Snapdragon 765 5G/765G 5Gも1+1+6のオクタコア構成を採用し、GPUはAdreno 620を搭載していますので、Qualcommは似た製品を乱発をしているような印象を受けます。このSnapdragon 768 5G、Samsungが公開したSamsung Galaxy S20シリーズのカーネルソース含まれていたため試作機ではないかと思っていましたが、どうやら本当に存在する製品となる見込みです。

 

 

Source