OPPOがDimensity 1200-MAXを発表、OPPO Reno7 Pro 5Gが搭載

OPPOがDimensity 1200-MAXを発表、OPPO Reno7 Pro 5Gが搭載

OPPOは2021年11月25日に新製品発表会を開催し、OPPO Reno7 SE 5GとOPPO Reno7 5G、OPPO Reno7 Pro 5Gを発表しました。今回、OPPO Reno7 Pro 5GがDimensity 1200-MAXを搭載しているので簡潔に紹介します。

 

名称 企業 型番
Dimensity 1200-AI OnePlus MT6893_A
Dimensity 1200-vivo vivo MT6893_C
Dimensity 1200-Ultra Xiaomi MT6893_D
Dimensity 1200-MAX OPPO MT6893_B

Dimensity 1200-MAXはMediaTekが提供する「Dimensity 5G Open Resource Architecture」に基づいて開発され、他の企業ではOnePlusやvivo、Xiaomiが同プログラムに参加した製品を発表しています。

 

Dimensity 1200-MAXの主な仕様は通常のDimensity 1200と変更はなく、TSMC N7プロセス技術、CPUは1xCortex-A78 3.0GHz+3xCortex-A78 2.6GHz+4xCortex-A55 2.0GHzのオクタコア構成、GPUはArm Mali-G77 MC9 @886MHzです。

 

通常のDimensity 1200と異なる点としてOPPOはRAM MAXと5G MAX、Image Quality MAXの3つのMAXを挙げています。

 

RAM MAXはゲーム利用時にRAM容量(最大12GB+7GB)が動的に変更、5G MAXはエレベーターや地下鉄などの芳しくないネットワーク環境において5G信号を強化する機能で快適な利用が可能に、Image Quality MAXはSDR2HDR技術に基づいて通常のビデオのHDR効果が強化され、画像の色が鮮明・コントラストが明確・細部が鮮明になると明らかにしています。

 

名称 8+128GB 8+256GB 12+256GB
Reno7 SE 5G 2199元

(約39,000円)

2399元

(約42,500円)

-
Reno7 5G 2699元

(約48,000円)

2999元

(約53,000円)

3299元

(約58,500円)

Reno7 Pro 5G - 3699元

(約65,500円)

3999元

(約71,000円)

OPPO Reno7 Pro 5Gと同時に発表された機種の容量と価格を表にしました。

 

OPPO Reno7 SE 5GはDimensity 900を搭載し2199元から、OPPO Reno7 5GはSnapdragon 778G 5Gを搭載し2699元から、OPPO Reno7 Pro 5GはDimensity 1200-MAXを搭載し3699元からとなっています。

 

 

Source