HUAWEIが他社へ設計のライセンス供与を計画

HUAWEIが他社へ設計のライセンス供与を計画

トランプ政権・バイデン政権による制裁によって窮地に立たされているHUAWEIは、今後の生き残りをかけて設計のライセンス供与を行っているとアメリカ合衆国のBloombergが報じました。

 

供与先 ブランド名
HUAWEI China Telecom 麦芒(maimang)
China Unicom U-MAGIC
China Mobile NZONE
TCL 雷鳥(FFALCON)
PTAC Hinova
Nokia 鼎橋(TD Tech)

主な供与先としてChina Telecom(中国電信)、China Unicom(中国聯通)、China Mobile(中国移動)、TCL(TCL科技)、PTAC(中国郵電器材)、NOKIA(諾基亜)があり、最近はPTACがHinovaの公式微博アカウントやWeChatアカウントを設立して活発な動きを見せています。

 

HUAWEI製品の多くはKirin SoCを搭載していましたが、供与先はQualcommやMediaTekなどを採用するため、HUAWEIはそれらの対応を可能にする作業を開始しているようです。

 

HUAWEIは様々な事業で制裁を受けていますが設計に関しては対象外で、ライセンス供与を行って生き残りを模索しているようです。この取り組みによって来年は総計で3000万台以上の出荷が予想されており、頭の回転の速いHUAWEIはしぶとく生き残るでしょう。

 

Source