明日“8”に関する情報を公開。Meizu Note8の発表日を予告か

突如MEIZUの微博公式アカウントが“8”を大きく表示したポスターを公開しました。

 

「明天見8(明日8を公開します)」の投稿文と共に公開されたポスターは中国語がばらばらになったものが“8”にまとわり付いているものになっています。今のところそれを解読した人はいないようですが、私は「国民拍照手机(国民のカメラスマートフォン)」だと捉え、カメラ機能が優れていることをアピールしていると考えています。更に8と中国語の外には“NOTE”の文字が確認できます。

EEC(欧州経済共同体)の認証ではM822Hの型番でMeizu Note8が認証を通過しており、中国では魅藍Note8を発表すると考えています。しかし、魅藍ブランドの実質的な廃止をCEOの黄章(Jack Wong)氏が公開しているので、魅藍ではなく魅族ブランドの製品として魅族Note8が発表されるでしょう。

 

従来機となるMeizu M6 Note(魅藍Note6)はMEIZUとしては初めて低価格帯のスマートフォンにデュアルカメラを採用し、中国ではその写真の出来についてかなり高い評価を得ています。スペックは1200万画素+500万画素のデュアルカメラとなっています。

 

Meizu Note8と思われるM822QがTENAAの認証を通過しており、スペックはAndroid 8.1.0 Oreo、6.0インチFHD+(2160×1080)のIPSディスプレイ、CPUは1.8GHzのオクタコア構成、リアカメラが1200万画素+500万画素のデュアルカメラ、フロントカメラが800万画素のシングルカメラ、容量は4GB+64GBの1モデル展開、外部SDカードに対応(128GB)、バッテリー容量は3500mAh、カラー展開はブラック、レッド、ブルー、パープルの4色となっています。

CPUが1.8GHzのオクタコア構成ということでQualcomm Snapdragon 636を搭載すると考えていますが、Meizu M6 NoteはSnapdragon 625を搭載し、QualcommはSnapdragon 625の後継機としてSnapdragon 632を発表し、このSnapdragon 632のCPUも1.8Ghzのオクタコア構成となっています。候補としてはSnapdragon 636とSnapdragon 632を搭載すると考えています。

 

 

Source