MeizuがXiaomiの双大小旗艦戦略を歓迎、Xiaomi 12とXiaomi 12 Proで採用

MeizuがXiaomiの双大小旗艦戦略を歓迎、Xiaomi 12とXiaomi 12 Proで採用

Xiaomiは12月28日に新製品発表会を開催し、Xiaomi 12X、Xiaomi 12、Xiaomi 12 Proの3機種を発表する予定ですが、Xiaomi 12とXiaomi 12 ProはSnapdragon 8 Gen 1を搭載し、前者が小画面で後者が大画面の双大小旗艦戦略を計画しています。その行動を受けてMeizuはXiaomiが計画した戦略を“歓迎する”と明らかにしました。

 

Meizuは2021年に小画面のMeizu 18と大画面のMeizu 18 Pro、小画面のMeizu 18sと大画面のMeizu 18s Proの発表しており、Xiaomiが明らかにした“双大小旗艦戦略”を先に行っていた企業です。

 

ちなみに、小画面旗艦製品のMeizu 18とMeizu 18sは6.2インチ 2K+(3200x1440)、大画面旗艦製品のMeizu 18 ProとMeizu 18s Proは6.7インチ 2K+(3200x1440)です。

 

Xiaomi 12とXiaomi 12 Proがどの程度のサイズ差になるか不明ですが、Meizuと似た戦略を“一流企業”が行うのは何か勝つ算段があるからなので、Meizu 19とMeizu 19 Proで双大小旗艦戦略を継続すると生き残れる可能性があります。

 

 

Source(1) | (2)