Flyme 8の存在を明らかに、正式な発表日は不明

5月30日に行われた新製品発表会にて次世代カスタムスキンとなるFlyme 8の存在を明らかにしました。

 

これは現在最新となっているFlyme 7の最終バージョンがFlyme 7.3Aであると発表され、その後にリリースされる安定版はFlyme 8であると明かした形です。Flyme 7は4月22日に発表されていますので約400日もの間続いた長い歴史のあるカスタムスキンです。

 

Flyme 8の存在を明らかにしたもののどのようなUIやUXなのか明らかにせず、更にリリース時期も明らかにしていません。新製品と同時に発表するのか、OPPOやvivoの用にカスタムスキンだけを発表するのかも不明です。

今の所フラッグシップモデルとして開発されているものはMeizu 16s PlusとMeizu 16Tの2機種があり、おそらくはこの機種のどちらかが発表されるときにFlyme 8も発表されると考えています。

 

Meizu 16s PlusはMeizu 16sの大画面モデルとして、Meizu 16Tはゲーミングスマートフォンとして開発されていることがわかっています。