Meizu 16Xsの珊瑚橙(コーラル)を中国市場で7月19日より販売開始

Meizu 16Xsの珊瑚橙(コーラル)を中国市場で7月19日より販売開始
スポンサーリンク

5月30日に発表されたQualcomm Snapdragon 675を搭載したMeizu 16Xsの珊瑚橙(コーラル)を中国市場で7月19日より販売することを告知しました。

 

Meizu 16Xsは騎士黒(ブラック)、氷絲白(ホワイト)、珊瑚橙(コーラル)、亜特蘭蒂斯(アトランティスブルー)の4色展開であると発表されていましたが、珊瑚橙のみが販売されていませんでした。今回の販売開始によって全てのカラーが販売開始となります。

価格は他色と変更はなく6GB+64GBモデルが1499元(約23,500円)、6GB+128GBモデルが1699元(約26,600円)です。

 

Meizu 16XsのスペックはAndroid 9 PieをベースとしたFlyme OS(Flyme 7.3)、6.2インチSuper AMOLEDディスプレイ(2232×1080/FHD+)、Qualcomm Snapdragon 675、リアカメラは4800万画素(Samsung GM1 MOD/f値1.7)+500万画素(モノクロームレンズ/f値1.9)+800万画素(広角/f値2.2)、フロントカメラは1600万画素(Samsung 3T2/f値2.2)のシングルカメラ、容量は6GB+64GBと6GB+128GBの2モデル、バッテリー容量は4000mAh、カラー展開は騎士黒(ブラック)、氷絲白(ホワイト)、珊瑚橙(コーラル)、亜特蘭蒂斯(アトランティスブルー)の4色展開。

 

Source