Meizu 19シリーズは3機種展開の可能性、最上位機種はSnapdragon 8 Gen 1を採用か

Meizu 19シリーズは3機種展開の可能性、最上位機種はSnapdragon 8 Gen 1を採用か

2022年の旗艦製品にSnapdragon 8 Gen 1を採用するのかDimensity 9000を採用するのかわからないまま中国自動車大手のGeely(吉利)による買収の報道が流れて先が見えないMeizuに、憶測の域を超えない状態ではありますが少しだけ情報が流れてきました。

 

2021年のMeizuはSnapdragon 888 5Gを搭載したMeizu 18Meizu 18 Pro、Snapdragon 888 Plus 5Gを搭載したMeizu 18sMeizu 18s Pro、Snapdragon 870 5Gを搭載したMeizu 18Xの計5機種を発表しました。いずれの機種もハイエンド製品に属し、2020年から始まった旗艦戦略を継続しています。

 

2022年も旗艦戦略を維持するMeizuは、Meizu 19とMeizu 19 Proの他にもう1機種を展開し、計3機種を発表する可能性があるようです。ただ、“もう1機種”がMeizu 19の下に位置する製品なのかMeizu 19 Proの上に位置する製品なのか不明です。

 

Meizu 19とMeizu 19 Proが搭載するSoCはDimensity 9000とSnapdragon 8 Gen 1が予想されており、“もう1機種”に関しては発表済みや予定のSoCを考慮すると、下に位置する場合はDimensity 8000、上に位置する場合はSnapdragon 8 Gen 1が有力です。

 

Dimentisy 8000に関してはQualcommがSnapdragon 888 5Gの価格を引き下げたとの情報があるのでそちらを採用する可能性もありますが、戦略の維持が確実視される現状を鑑みると2021年の製品を準旗艦製品として販売するため、Snapdragon 888 5Gの採用の可能性は低いと考えています。