Meizu 16XとMeizu 16thのアプリの起動スピードを比較した動画が公開

8月8日に発表されたQualcomm Snapdragon 845を搭載したMeizu 16th Plusと、廉価モデルとして開発されているSnapdragon 710を搭載するMeizu 16Xのアプリの起動スピードを比較した動画が公開されました。

 

比較に使用したアプリは10個で、WeChat、Weibo、Toutiao、AliPay、QQ音楽、淘宝、QQ、Meizuブラウザー、王者栄燿、PUBGとなっています。

動画の最初はアプリ履歴を表示して起動中のアプリが存在しないことを証明します。その後、全てのアプリで当然ながらMeizu 16th Plusの起動が早い事が確認できますが、Snapdragon 710を搭載したMeizu 16Xも肉薄するスピードでアプリを起動しており、ストレスフリーな使用ができそうです。

 

TENAA(中華人民共和国工業情報化部)によって公開されたMeizu 16Xの主なスペックは、Android 8.1.0 Oreo、6.0インチFHD+(2160×1080)AMOLEDディスプレイ、CPUは2.2GHzのオクタコア構成、リアカメラが1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラが2000万画素、容量は6GB+64GBの1モデル展開、外部SDカードに非対応、バッテリー容量は3000mAh、カラー展開は磨砂黒(ブラック)と陶瓷白(セラミックホワイト)、磨砂金(ゴールド)の3色です。

 

Source(Video) | Source