Meizu 16Tの発表会を10月23日に北京で開催

Meizu 16Tの発表会を10月23日に北京で開催
スポンサーリンク

新製品となるMeizu 16Tの発表会を中国の北京で10月23日に開催することを本日10月16日に告知しました。末尾についている“T”はTurboを意味しています。

 

Meizu 16Tは当初CEOの黄章(Jack Wong)氏によってゲーミングスマートフォンとして開発が進められていることが判明していましたが、最近になって副総裁の華海良(Hua Hailiang)氏によって大画面のディスプレイでエンターテイメントを表現する旗艦スマートフォンとして開発されていることが明らかになりました。

そのためゲーミングスマートフォンとして発表されているvivo iQOOやBlack Shark 2、ASUS ROG Phone IIと競合する製品ではなく、フラッグシップモデルと競合する製品になります。

 

Meizu 16Tと思われる型番M928QがTENAA(電信設備進網管理)の認証をすでに通過しており、大まかなスペックは判明しています。公開されているMeizu 16T(M928Q)のスペックは、6.5インチOLEDのFHD+(2232×1080)ディスプレイ、Android 9 Pie、2.84GHzのオクタコアCPUを有したプロセッサー(Qualcomm Snapdragon 855)、RAM 6GB/8GB、内蔵ストレージ 128GB/256GB、リアカメラが1200万画素+800万画素+500万画素のトリプルカメラ、フロントカメラは1600万画素のシングルカメラ、独立したイヤホンジャック、バッテリー容量は4400mAhとなっています。カラー展開はブラックとグリーン、オレンジを用意しています。

2019年後半に差し掛かっている今、Snapdragon 855 PlusではなくSnapdragon 855を採用しているので物足りない感じは否めませんが、若干古いプラットフォームを採用しているがゆえに価格が安いとなると話が変わってきます。今回は“コスパ”を追求した製品になるのではないかと予想されています。

 

 

Source