Meizu 16s Plusは無線充電対応、Meizu 16sと16s PlusはNFCを搭載するとCEOが発言

Meizu 16s Plusは無線充電対応、Meizu 16sと16s PlusはNFCを搭載するとCEOが発言

Meizu 16s

Qualcomm Snapdragon 855を搭載することが明らかになっているMeizu 16s、Meizu 16s Plusに関する新たな情報をCEOの黄章(Jack Wong)氏自ら公開しました。今年の4月に発表されたMeizu 15 PlusMeizu 15Meizu M15も発表前に同CEOによって情報が公開されており、情報元がわからないリーク情報よりも信憑性があるため、一挙一投足が注目されています。

 

以前はオーディオチップを搭載したUSB Type-Cアダプターを開発している事を公開し、Meizu 16sとMeizu 16s Plusからイヤホンジャックが無くなることが判明しました。今回はMeizu 15シリーズやMeizu 16thMeizu 16th Plusに搭載が見送られたワイヤレス充電やNFCについて公開しています。

CEOによるとワイヤレス充電はMeizu 16s Plusのみで、NFCはMeizu 16sとMeizu 16s Plusの双方とも搭載することを明らかにしました。この他、最大55Wでの充電ができるSuper mChargeの搭載をしないことも明らかにしています。

 

ワイヤレス充電に関する動きとして、Snapdragon 845を搭載したXiaomi Mi MIX 3はワイヤレス充電機器を付属させたり、HUAWEIはHiSilicon Kirin 980を搭載したHUAWEI Mate 20シリーズでは本機から別端末へバッテリーを供給できるリバースチャージ機能を搭載し、ワイヤレスで何かを充電することが広まっています。

今回MEIZUは大画面モデルとなりますが、Meizu 16s Plusをワイヤレス充電に対応させることがわかりました。Meizu 16sは軽さを追求すると考えていますので、搭載を取りやめているのでしょう。更にNFCを搭載することが明らかになり、これは中国国外の人たちにとっては非常に嬉しいでしょう。NFCが搭載されていないことをマイナス評価にしているメディアもありますので、今回の情報はプラスに働くと考えています。

 

 

Source