Meizu 16s、Meizu 16Xs、Meizu Note9がEAEUの認証を通過

Meizu 16s、Meizu 16Xs、Meizu Note9がEAEUの認証を通過

Qualcomm Snapdragon 855を搭載したMeizu 16s、Snapdragon 675を搭載したMeizu 16Xs、Snapdragon 675を搭載したMeizu Note9がEAEU(ユーラシア経済連合)の認証を通過しました。

 

型番はそれぞれM971H、M926H、M923Hで国際市場向けを表す“H”が型番末尾に記されています。EAEUの認証はMeizuの国際市場における主戦場だったロシアでの販売を行うのに必要な認証で、この他にEAEUに加盟しているMeizuが販売した経歴のある国はカザフスタンがあります。

最近はロシア市場向けに発表会を行わずAliExpressにて開店しているMeizu Official Storeで販売を行っていますが、カザフスタンでは実店舗を利用して販売を行っています。今回の認証はカザフスタン市場向けに販売するために通過させた可能性が高いです。

 

国際市場向けMeizu 16sのスペックはAndroid 9 PieをベースとしたFlyme OS(Flyme 7.3)、6.2インチSuper AMOLEDディスプレイ(2232×1080/FHD+)、Qualcomm Snapdragon 855、リアカメラは4800万画素(Sony IMX586/f値1.7)+2000万画素(IMX350/f値2.6)のデュアルカメラ(OIS)、フロントカメラは2000万画素(Samsung 3T2/f値2.2)のシングルカメラ、容量は6GB+128GB/8GB+128GBの2モデル、バッテリー容量は3600mAh、カラー展開はブラック(碳繊黒)とホワイト(凝光白)とオーロラブルー(幻影藍)の3色展開。

 

 

Source