Meizu 15がFCCの認証を通過。北米市場参入の可能性は低い

Meizu 15がFCCの認証を通過。北米市場参入の可能性は低い

Meizu 15

2018年4月22日に発表されたMEIZU創立15周年を記念したMeizu 15シリーズスマートフォンの中位モデルとなるMeizu 15がFCCの認証を通過しました。

認証通過日は2018年4月23日で、FCC IDは2ANQ6-M881Hです。

 

M881はMeizu 15の型番で、型番末尾の“H”がグローバル版であることを表しています。

搭載するファームウェアはFlyme 7.0.2.0Gで先日発表されたFlyme 7を初期搭載しています。

ネットワーク周波数はFDD-LTEが1700(B4)/850(B5)2600/(B7) MHz、TD-LTEが2500(B41) MHz, W-CDMAが1900(II)/850(V) MHz、 CDMA2000が800(BC0) MHz,、GSMが1900/850 MHzの認証を通過しています。

Bluetoothの認証も通過していますが正式なバージョンはわかりません。無線LANの規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/acで、2.4GHzと5.xGHzに対応しています。

バッテリーの容量は3000mAhで、型番はBA881となっています。

アクセサリー(付属品)としてMEIZU製イヤホンのEP21HDが付属します。

 

MEIZUは過去にMeizu M6 Note(M721L)がFCCの認証を通過していますが、この型番のモデルは結局の所販売されておりません。今回のM881Hはヨーロッパ市場や中東市場で販売されるのはほぼ確実ですが、北米市場に売り出すのかは今の所わかりません。

現状ではあくまでもFCCの認証を通過するスマートフォンを製造した。というアピールに使った可能性が高いです。

 

Via

Source