MediaTekがKompanio 1300Tを発表、Honorが初搭載を明言

MediaTekがKompanio 1300Tを発表、Honorが初搭載を明言

2021年7月27日

台湾のMediaTekは2021年7月27日にタブレット向けSoCとしてKompanio 1300T(迅鯤1300T)を発表しました。以前KompanioブランドはChromebook向けと記しましたが、厳密にはArm PC及びタブレット製品向けSoCのブランドのようです。

 

名称 Kompanio 1300T Kompanio 820 Kompanio 500
CPU 4xA78+4xA55 4xA76+4xA55 4xA73+4xA53
周波数 2.6GHz+2.0GHz 2.2GHz+2.0GHz 2.0GHz+2.0GHz
GPU Mali-G77 MC9 Mali-G57 MC5 Mali-G72 MP3
周波数 836MHz 800MHz
NPU/DSP APU 3.0 APU 2.0

2.4 TOPS

APU

0.5 TOPS

カメラ 1億800万画素 3200万画素 or 2x1600万画素 3200万画素 or 2x1600万画素
リフレッシュレート 120Hz(WQXGA)

144Hz(FHD+)

60Hz(WQHD)

120Hz(FHD+)

60Hz(FHD+)
エンコード/デコード 4K@60FPS encode & decode 2K@30FPS encode & decode FHD@30FPS encode & decode
RAM LPDDR4X(2133MHz) LPDDR4X(2133MHz) LPDDR4X
ストレージ UFS 3.1 UFS 2.1

eMMC 5.1

Wi-Fi Wi-Fi 6 Wi-Fi 5 Wi-Fi 5
Bluetooth Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2 Bluetooth 4.2
位置情報 GPS/Glonass/BeiDou/Galileo/QZSS GPS/Glonass/BeiDou/Galileo/QZSS
通信 統合

5G Sub-6GHz

統合

4G LTE

統合

4G LTE

製造プロセス TSMC 6nm TSMC 7nm TSMC 12nm FinFET
内部コード MT8797 MT8192 MT8183

Kompanio 1300Tの主なスペックはTSMC 6nm EUV、CPUはArm Cortex-A78+Cortex-A55のオクタコア構成、GPUはArm Mali-G77 MC9となっています。CPUの周波数及び組み合わせ、GPUの周波数は明らかにされていませんが、スマートフォン向けのDimensity 1100やDimensity 1200と近いスペックになるのではないかと考えています。

 

この他の性能として5G通信はFR1定義のSub-6GHz帯をサポートし5G-2CAや5G+5GのデュアルSIMに対応、Wi-Fi 6やBluetooth 5.2に対応します。

 

エンコードやデコード性能は4K@60FPSに対応し、ISPは最大1億800万画素に対応。ディスプレイは2.5K環境で120Hzのリフレッシュレートに対応し、ハイエンドAndroidタブレットの要件を満たす性能を有しています。

 

MediaTekは今回発表したKompanio 1300Tを搭載した製品は2021年Q3(6月-9月)に発表されると明かしていますが、HUAWEIから独立したHonorは8月12日開催の発表会でHONOR Pad V7 Proを発表し、この製品がKompanio 1300Tを初搭載すると明言しています。

 

 

Source(1) | (2)