MediaTekがChromebook向けSoC、MT8192とMT8195を発表

MediaTekがChromebook向けSoC、MT8192とMT8195を発表

Processor/Platform

MediaTekは2020年11月10日に開催したMediaTek Executive Summit 2020にてGoogleが開発したChrome OSを搭載したPCとなるChromebook向けに新SoCとなるMT8192とMT8195を発表しました。

 

名称 MT8192 MT8195 MT8183
CPU 4xA76 + 4xA55 4xA78 + 4xA55 4xA73 + 4xA53
周波数 2.2GHz + 2.0GHz 2.0GHz + 2.0GHz
GPU Mali-G57 MC5 Mali-G57 MC4 Mali-G72 MP3
周波数 800MHz
NPU APU 2.0

2.4 TOPS

APU 3.0

4 TOPS

APU

0.5 TOPS

カメラ 3200万画素

1600万画素+1600万画素

3200万画素

1600万画素+1600万画素

3200万画素

1600万画素+1600万画素

リフレッシュレート 60Hz(WQHD)

120Hz(FHD+)

60Hz(WQHD)

120Hz(FHD+)

60Hz(FHD+)
エンコード/デコード H.264、H.265 / HEVC

H.264、H.265 / HEVC、VP-9

H.264、H.265 / HEVC

H.264、H.265 / HEVC、AV1

H.264

H.264、H.265 / HEVC

RAM LPDDR4X(2133MHz) LPDDR4X(2133MHz) LPDDR3、LPDDR4X
ストレージ eMMC 5.1

UFS 2.1

eMMC 5.1

UFS 2.1

eMMC 5.1
Wi-Fi Wi-Fi 5 Wi-Fi 5 Wi-Fi 5
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
位置情報 GPS/BeiDou/Glonass/Galileo/QZSS GPS/BeiDou/Glonass/Galileo/QZSS GPS
通信
製造プロセス 7nm FinFET 6nm EUV 12nm FinFET
内部コード

ChromebookにおけるMediaTek SoC搭載製品はHelio P60TやHelio P22T、MT8183といった決して高くない性能を有したものが多かったですが、今回発表されたMT8192とMT8195は非常に高性能なSoCとなっていますので、さらなる快適な体験を実感することが出来ると考えています。また、高いリフレッシュレートに対応していることも挙げられますので、ゆくゆくはゲーミングChromebookといった新しいジャンルの製品が発表される可能性もあり、この両SoCの誕生はPC市場が大きく変わるということはないと思いますが少しずつ変化していく可能性があります。

 

また、製造プロセスはMT8195がTSMC製6nm EUV(N6)製造プロセスをMT8192がTSMC製7nm FinFET(N7)製造プロセスを採用しており、最新の技術が駆使されたSoCとなっています。6nm EUVは2021年における高性能なSoCが採用する見込み、7nm FinFETは2020年の高性能なSoCが採用している製造プロセスです。

 

MediaTekによるとMT8192を搭載したChromebookは2021年Q2(4月-6月)に商用機が登場する見込みで、MT8195を搭載したプレミアムChromebookやスマートディスプレイ、タブレットなどの様々なスマートデバイスはMT8192よりも後に商用機が登場する見込みです。

 

Source(1) | (2)