MediaTekがHelio G99を発表、TSMC N6を採用

MediaTekがHelio G99を発表、TSMC N6を採用

MediaTekは2022年5月23日に新製品としてHelio G99を発表しました。DimensityではなくHelioを冠するため、5Gに非対応な4Gに対応した製品です。

 

Helio G99はHelio G9xの最後の名称なので、後継製品は新たな命名規則を採用すると考えています。ただ、今回の製品はHelio G96の後継製品なのでG97とG98が空き番号になっており、今後Helio G9xが発表されないとは言い切れません。

 

名称 Helio G99 Helio G96
CPU 2xA76+6xA55 2xA76+6xA55
動作周波数 2.2GHz+2.0GHz 2.05GHz+2.0GHz
GPU Mali-G57 MC2

HyperEngine 2.0

Mali-G57 MC2

HyperEngine 2.0 Lite

動作周波数 ? 840MHz
NPU/DSP ? ?
カメラ 1億800万画素 or 3200万画素(ZSL) or 2x1600万画素(ZSL) 1億800万画素 or 3200万画素(ZSL) or 2x1600万画素(ZSL)
リフレッシュレート 120Hz(FHD+) 120Hz(FHD+)
エンコード/デコード Encode: 2K@30FPS H.265

Decode: 2K@30FPS H.265, VP9

Encode: 2K@30FPS H.265

Decode: 2K@30FPS H.265, VP9

RAM LPDDR4X(2133MHz) LPDDR4X(2133MHz)
ストレージ UFS 2.2 UFS 2.2

eMMC 5.1

Wi-Fi Wi-Fi 5 Wi-Fi 5
Bluetooth Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2
位置情報 GPS, QZSS, Galileo, BeiDou, NavIC GPS, QZSS, Galileo, BeiDou, NavIC
通信 LTE Cat.12/13 LTE Cat.12/13
充電規格 ? ?
プロセス技術 TSMC 6nm(N6) TSMC 12nm(12FFC)
ポート番号/型番 ? MT6781

同日に発表されたDimensity 930とDimensity 920の関係は疑問符が浮かびましたが、Helio G99とHelio G96の関係はわかりやすく後継製品に仕上がっており、さまざまな部分で性能の向上が見受けられます。

 

CPUはCortex-A76とCortex-A55構成を共通して採用していますが、高性能側の動作周波数が2.05GHzから2.2GHzへ向上しました。これにより、CPUの性能が向上するのは確定で、Helio G96は4G対応製品で最高級の性能を有していたため、Helio G99は頂点に立つ可能性があります。

 

GPUはMali-G57 MC2を共通して採用。動作周波数が不明ですが、ゲーム利用時の最適化を行うHyperEngineが2.0 Liteから2.0へ変更されているため、動作周波数が向上した可能性があります。

 

RAM規格や通信、位置情報はHelio G96と共通ですが、プロセス技術が12nmから6nmへ微細化されたため、高性能化と省電力性の向上に期待がかかります。TSMC 12FFCは2017年に量産を開始した技術なので2022年の現在は古い技術ですが、TSMC N6は2020年に量産を開始し、主な製品としてDimensity 1300やSnapdragon 778G 5Gが採用しているので、ほぼ最新の技術を採用しています。

 

MediaTekはHelio G99を搭載した製品が2022年Q3(7月-9月)に発表されると明らかにしていますが、初搭載する企業や採用する企業は明らかにしていません。

 

Source(1) | (2) | 参考