魅藍 E3(Meizu E3)のサンプルフォトを魅藍事業部総裁が公開

3月21日に魅藍ブランドスマートフォンとして発表予定の魅藍 E3(Meizu E3)のサンプルフォトを魅藍事業部総裁の 李楠(Li Nan) 氏が微博に公開しました。

 

公開されたサンプルフォトは一枚で、文章は「魅藍 E3(Meizu E3)は魅藍 Note6(Meizu M6 Note)よりも良いCMOSイメージセンサーを搭載する」と書かれています。魅藍 Note6(Meizu M6 Note)は1200万画素+500万画素のデュアルカメラでしたが、TENAA(中華人民共和国工業情報化部)が公開したスペックによると魅藍 E3(Meizu E3)は2000万画素+1200万画素のデュアルカメラであることが判明してます。どのCMOSイメージセンサーを搭載するのかは明らかにしていないものの、先程書いたスペックの通り良いものを搭載しているのは間違いないでしょう。

このサンプルフォトには“SHOT ON E3”と書かれ、Exifにはカメラの製造元はMeizuでカメラのモデルはMEIZU E3と書かれているので本体で撮影されたものでしょう。絞り値はf/1.9となっています。

 

魅藍 E3(Meizu E3)はTENAA(中華人民共和国工業情報化部)によって公開されたスペックによりますと、型番はM851、Android 7.1.1 NougatをベースとしたFlyme 6を搭載し、18:9のアスペクト比の縦長ディスプレイを採用した5.99インチのFHD+(2160×1080)のTFT液晶ディスプレイ、CPUのクロック数が1.8GHzのオクタコア構成(Qualcomm Snapdragon 636?MediaTek Helio P38?)、RAM容量は4GB/6GBの2種類、内蔵ストレージは32GB/64GB/128GBの3種類、外部ストレージに対応、リアカメラは2000万画素と1200万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは800万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3300mAhとなっています。

中国国外ではMeizu M6Eとして販売するのがグローバルマーケティング事業部CEOの Ard Boudeling 氏によって明らかにされています。

 

Source