Qualcomm Snapdragon 632がGeekbenchに登場

Qualcommが6月27日に発表したミドルレンジモデル向けプラットフォーム「Snapdragon 632 Mobile Platform(SDM632)」がGeekbenchにて姿を表しました。Snapdragon 632は2016年に発表されたSnapdragon 626とSnapdragon 625の後継機として開発されました。

 

計測はリファレンス機(Qualcomm sdm632 for arm64)で行われ、主なスペックはAndrod 8.1.0 Oreo、RAM 6GBとなっています。気になるスコアはシングルコア性能が1377点、マルチコア性能が5247点という結果になっています。従来機となっているSnapdragon 626が930点と4500点、Snapdragon 625が820点と4100点なので、Snapdragon 626からはシングルコア性能が約1.5倍でマルチコア性能が1.2倍、Snapdragon 625からはシングルコア性能が1.7倍でマルチコア性能が1.3倍の性能向上となっています。

 

主なスペックは、製造プロセスが14nm FinFET、CPUがクロック数が共に1.8GHzのARM Cortex-A73とA53をセミカスタムしたQualcomm Kryo 250のオクタコア構成、GPUはQualcomm Adreno 506でクロック数は不明、ISPは2400万画素のシングルカメラと1300万画素のデュアルカメラに対応、DSPはQualcomm Hexagon 546 DSPとQualcomm All-Ways Aware technology、RAM規格は不明、ディスプレイサイズは19:9のFHD+(2240×1080)に対応、WLAN規格は802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0、GPSシステムはGPS、Glonass、BeiDou(北斗)、Galileo、QZSS、SBASに対応しています。

通信モデムはQualcomm Snapdragon X9 LTE Modemを搭載し、通信方式はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA2000/GSM方式に対応しています。LTEカテゴリーはDLがCat.13(300Mbps)でULがCat.7(150Mbps)となっています。(Qualcommの表記を採用)

 

Source