CEOがMeizu X8、Meizu 16Xの情報を公開

8月8日に発表を控えている新スマートフォンに関する情報をCEOの 黄章(Jack Wong) 氏が新たに公開しました。

 

ある人が「Meizu X8には背面に指紋センサーを配置しないで欲しい」と言った所、CEOは「Meizu 16Xは画面内指紋認証に対応している」と回答しました。一見噛み合っていない質問と回答に見えますが、この前には「Qualcomm Snapdragon 710を搭載したMeizu 16の名前はMeizu 16X」や「Meizu 16XとMeizu X8の外観には大きな違いがある」と話しているので、Meizu X8は背面に指紋認証センサーを配置していることになります。

今までの情報によるとMeizu X8のスペックは、ノッチデザインを採用、Android 8.1.0 Oreo、Snaodragon 710、Xiaomi Mi 8 SEよりも300元安く、2000元を超えないです。

 

8月8日にはSnapdragon 710を搭載したMeizu X8とMeizu 16X、Snapdragon 845を搭載したMeizu 16とMeizu 16 Plusを発表することになります。今の所Meizu 16シリーズの型番(M872Q/M882Q/M892Q)は様々な認証を通過していますが、Meizu X8はCEOによって存在が明らかにされているのみで本当に開発しているのか疑問視している声もあります。

 

一部リーク情報によるとGoogleは8月20日にAndroid Pを発表するということですが、MEIZUは早急に対応できるでしょうか。ちなみに8月8日に発表される4機種がMEIZUにとって初めてのAndroid Oreo機とかなり遅れているので、Android Pへのアップデートはまた来年になるのではないかと危惧しています。今年が本当の正念場ですので頑張ってもらいたいです。

 

 

Source