JLQが初の携帯電話向けSoCのJR510を発表、POCO C40が初搭載

JLQが初の携帯電話向けSoCのJR510を発表、POCO C40が初搭載

2022年6月8日

Qualcomm Chinaなど複数の企業が関わっているJLQ Technology(瓴盛科技)が2022年6月8日、4G対応SoCとしてJLQ JR510の発表を案内しました。同製品はXiaomiが展開するPOCOの新製品のPOCO C40が初搭載します。

 

名称 JR510 Helio G35
CPU 4xCortex-A55

4xCortex-A55

4xCortex-A53

4xCortex-A53

動作周波数 2.00GHz+1.50GHz 2.30GHz+1.80GHz
GPU Mali-G52 2EE MC1 PowerVR GE8320
動作周波数 ? 680MHz
NPU/DSP 1.23 TOPS ?
カメラ 5000万画素 or 2500万画素 or 2x1600万画素 2500万画素 or 2x1300万画素
リフレッシュレート 60Hz(FHD+) 60Hz(FHD+)
エンコード/デコード Encode: 1080p@60FPS H.265

Decode: 4K@30FPS H.265, VP9

Encode: 1080p@30FPS H.264

Decode: 1080p@30FPS H.265

RAM 2x 16-bit CH

LPDDR4X(1866MHz)

LPDDR4X(1600MHz)
ストレージ UFS 2.1

eMMC 5.1

eMMC 5.1
Wi-Fi Wi-Fi 5 Wi-Fi 5
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
位置情報 GPS, Glonass, BeiDou GPS, Galileo, Glonass, BeiDou, QZSS
通信 統合: 4G Modem

LTE Cat. 4/7

統合: 4G Modem

LTE Cat.12/13

充電規格 ? ?
プロセス技術 Samsung 11nm FinFET(11LPP) TSMC 12nm(12FFC)
ポート番号/型番 jr510 MT6765G

JLQの携帯電話向けSoCはJR510が初めてで比較対象がないため、POCO C40の従来製品のPOCO C31が搭載したMediaTekのHelio G35を横に並べて比較を行います。

 

CPUはCortex-A55を4基+4基の構成を採用し、動作周波数は2.0GHzと1.5GHzに設定されています。Helio G35と比較すると動作周波数は減少しましたが、Cortex-A53からCortex-A55へ刷新されたので、わずかではありますが性能の向上に期待できます。

 

GPUはMali-G52 MC1を採用。動作周波数が不明で、Helio G35が他企業が開発したPowerVR GE8320を採用したので性能が向上したのか不明です。ちなみに、Mali-G52はArmが2018年に発表したGPU IPで、現在の製品の多くはMali-G57が搭載しているため、やや古いGPU IPを採用しています。

 

エンコードは1080p@60fpsに対応し、デコードは4K@30fpsに対応。エントリー機向けの製品ですが、4Kのデコードに対応しているのは大きな優位点だと思います。

 

RAM規格はLPDDR4Xの1866MHz。最近の製品は2133MHzなのでやや遅い速度になりますが、Helio G35と比較すると高速化しているので、あまり気にする必要はないでしょう。

 

プロセス技術はSamsung 11nm FinFET LPPを採用し、JLQは先進的な技術を採用したと発表しています。同社は既にAIoT製品向けにJA308、JA310、JA312の3製品を発表していますが、プロセス技術がSamsung 11nm FinFET LPPで共通なので、JLQにおいてはこの技術は先進的な技術と言えるでしょう。

 

 

JLQ初の携帯電話向けSoCを初搭載するのは前述の通りXiaomiが展開するPOCOの最新製品のPOCO C40で、ベトナム市場で発表されました。

 

POCO C40の主な仕様はAndroid 11(MIUI 13)、60Hz 6.71" HD+(1650x720) IPS液晶、JLQ JR510、RAM 4GB、内蔵ストレージ 64GB(外部: MicroSD)、アウトカメラは5000万画素+200万画素、インカメラは500万画素、バッテリー容量は6000mAh、重量は204gです。

 

Source