魅族商城でiPhone 12 Pro/12 Pro Maxの販売を開始、条件を満たせば特価で購入できるキャンペーンも開始

魅族商城でiPhone 12 Pro/12 Pro Maxの販売を開始、条件を満たせば特価で購入できるキャンペーンも開始

Meizu 18/18 Pro

極めて異例な事態が中国で起こりました。MEIZUが運営する公式店舗の魅族商城(Meizu Store/旧: Meizu Mall)で競合他社AppleのiPhone 12 Pro(A2408)とiPhone 12 Pro Max(A2412)の販売を2021年4月16日より開始しました。

 

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxともに中国市場向けモデルが販売され、内蔵ストレージは128GB、カラーは12 Proがグラファイトで12 Pro Maxはシルバー、価格は8499元(142,000円)と9299元(155,000円)でApple公式サイトと同じ価格に設定されています。

 

競合他社製品を販売すること事態異例ですが、更にMEIZUはある条件を満たすと12 Proが4399元(約73,500円)、12 Pro Maxが4999元(約83,500円)で購入できるキャンペーンを開催。その条件は両製品を販売するに至った「安全携帯電話(Security Phone)」に関係する問題に答える必要があり、その問題に全問正解すると4399元や4999元で購入出来る資格が得られます。その後抽選が行われ、当選者が特価で購入できる仕組みです。

 

MEIZUとApple、何も関係がないように思いますがMeizu 18Meizu 18 Proで達成した「三零携帯電話」とFlyme 9で達成した「安全携帯電話」がAppleのiOSに非常に近い状態に仕上がっているためで、広告にまみれていたり、あらゆる個人情報が様々な企業に収集されることを防ごうとしている共通点があります。

 

どう考えても販売は異例で、MEIZUが掲げる「安全携帯電話」をより広く知ってもらうためにAppleを利用するのはずる賢いですが、中国の法律に則っているのであれば問題はないでしょう。“広告にまみれたスマートフォン VS. クリーンなスマートフォン”、そんな戦いが始まりそうです。

 

 

Source(1) | (2) | (3) | 参考