Huawei Kirin 820のGPU周波数は804MHz、Kirin 810からわずかに減少

Huawei Kirin 820のGPU周波数は804MHz、Kirin 810からわずかに減少

Processor/Platform

先日発表されたHonor 30Sに初搭載された5G通信対応プロセッサーのHuawei Kirin 820のGPUの周波数が判明しました。Kirin 820はGPUにARM Mali-G57 MP6を採用しています。

 

Honor 30SのログによるとKirin 820のGPUの最大周波数は804MHz、最小周波数は148MHzとなっています。従来機のKirin 810がMali-G52 MP6で820MHz、Kirin 710がMali-G51 MP4で1000MHzなので、Kirin 810からわずかに低クロックに仕上がっています。

 

AnTuTu Benchmark v8におけるKirin 820のGPU性能は116,516点、Kirin 810が92,326点、Kirin 710が25,767点となっていますので、Kirin 820はKirin 810から約26%、Kirin 710から約352%の性能向上に成功しています。そして、Mali-G52からMali-G57は電力効率が1.3倍になっていることに加え、周波数が低く設定されているので高いGPU性能を発揮しながら省電力性は高まっているでしょう。

 

Kirin 820の初搭載機のHonor 30Sは8GB+128GBモデルが2399元(約37,000円)、8GB+256GBモデルが2699元(約41,000円)に設定されており、オンライン市場では4月7日より、オフラインショップでは4月10日より販売開始です。

 

 

Source