HiSilicon Kirin 810を発表、ARM Cortex-A76を搭載した高性能なプロセッサー

2019年6月21日に中国で行われたHuawei nova 5シリーズの発表会にて、新プロセッサーとなるHiSilicon Kirin 810を発表しました。Kirin 810はHuawei nova 5に搭載されており、Huawei nova 5 ProはKirin 980、Huawei nova 5iはKirin 710が搭載されています。

初搭載機はHuawei nova 5で、中国市場では7月20日に販売が開始されます。

 

今回発表されたKirin 810はKirin 8シリーズに該当し、このシリーズは本日を持って新設されます。

HuaweiによるとKirin 7シリーズはミドルレンジモデル向け、Kirin 8シリーズはハイエンドモデル向け、Kirin 9シリーズはフラッグシップモデル向けに開発されているようです。今の所Kirin 7シリーズはKirin 710が最新となっていますが、このシリーズ分けを今後も継続するのであればKirin 710の後継機はKirin 810ではなく別のものになるでしょう。

 

名称 Kirin 810 Kirin 710 Kirin 659
CPU 2xA76 + 6xA55 4xA73 + 4xA53 4xA53 + 4xA53
クロック数 2.27GHz + 1.88GHz 2.2GHz + 1.7GHz 2.36GHz + 1.7GHz
GPU Mali-G52 MP6 Mali-G51 MP4 Mali-T830 MP2
クロック数 820MHz 1000MHz 900MHz
RAM LPDDR4 LPDDR3
LTE Cat Cat.12/13 Cat.6
製造プロセス 7nm FinFET 12nm FinFET 16nm FinFET+

簡単なスペック表です。CPUに高性能なARM Cortex-A76やCortex-A55を搭載し、GPUも前作から新しくなっています。注意点としてCortex-A76はARMが設計したものをそのまま搭載しているのではなく、Kirin 980と同じくHiSiliconがセミカスタムを加えています。

AI機能に関係するNPUはHuaweiが独自にカスタマイズを行っていると発表しており、カスタムスキンEMUIとの相性は上がっていると思います。更にDSDV(Dual SIM Dual VoLTE)にも対応しているようで、

 

Huaweiの発表によると仮想敵はQualcomm Snapdragon 730が設定されており、CPU性能やGPU性能などの使用に直結する部分のほか、カメラ性能やAI性能でも上回っているとアピールしています。もしこれが現実であるならばQualcommとしては辛い相手が出現したことになります。

 

Source(1) | (2)