5nm EUV製造プロセスを採用したHUAWEI Kirin 9000/Kirin 9000Eを発表、HUAWEI Mate40シリーズが採用

5nm EUV製造プロセスを採用したHUAWEI Kirin 9000/Kirin 9000Eを発表、HUAWEI Mate40シリーズが採用

Processor/Platform

HUAWEIは日本時間2020年10月22日に開催した「HUAWEI Mate40 Series Online Global Launch Event」にて最新のハイエンドSoCとなるHUAWEI Kirin 9000(麒麟9000)とHUAWEI Kirin 9000E(麒麟9000E)を発表しました。

 

名称 Kirin 9000 Kirin 9000E Kirin 990 5G
CPU 1xA77 + 3xA77 + 4xA55 1xA77 + 3xA77 + 4xA55 2xA76 + 2xA76 + 4xA55
周波数 3.13GHz + 2.54GHz + 2.05GHz 3.13GHz + 2.54GHz + 2.05GHz 2.86GHz + 2.36GHz + 1.95GHz
GPU Mali-G78 MP24 Mali-G78 MP22 Mali-G76 MP16
周波数 759MHz ? 600MHz
NPU 2xBig + 1xTiny 1xBig + 1xTiny 2xBig + 1xTiny
カメラ ISP 6.0 ISP 6.0 ISP 5.0
リフレッシュレート 90Hz 90Hz 60Hz
RAM LPDDR5/4X LPDDR5/4X LPDDR4X
ストレージ UFS 3.1 UFS 3.1 UFS 3.0/UFS 2.1
Wi-Fi Wi-Fi 6 Wi-Fi 6 Wi-Fi 6
Bluetooth Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.1
位置情報 GPS/AGPS/GLONASS/BeiDou/GALILEO/QZSS/NavIC GPS/AGPS/GLONASS/BeiDou/GALILEO/QZSS/NavIC GPS/AGPS/GLONASS/BeiDou/GALILEO/QZSS/NavIC
通信 内蔵: Balong 5000

Sub-6GHz/mmWave(可能性)

内蔵: Balong 5000

Sub-6GHz/mmWave(可能性)

内蔵: Balong 5000 base

Sub-6GHz

製造プロセス 5nm EUV 5nm EUV 7nm+ EUV

Kirin 9000とKirin 9000Eの共通のスペックは台湾TSMC製5nm EUV製造プロセス、CPUは1xARM Cortex-A77(3.13GHz)+3xARM Cortex-A77(2.54GHz)+4xARM Cortex-A55(2.05GHz)のオクタコア構成、RAM規格と内蔵ストレージ規格はLPDDR5/4X+UFS 3.1に対応、Wi-FiやBluetoothはWi-Fi 6+Bluetooth 5.2、5G通信対応モデムのBalong 5000を内蔵しSub-6GHzに対応しています。Kirin 9000とKirin 9000Eを搭載したHUAWEI Mate40シリーズはSub-6GHzのみの対応となっていますが、内蔵されている5G通信対応モデムのBalong 5000はmmWave(ミリ波)に対応しているため、Kirin 9000とKirin 9000Eは理論上はmmWaveに対応しているでしょう(現在は可能性ありに留める)。

 

異なったスペックはGPUはARM Mali-G78で共通ですがコア数がKirin 9000はMP24(24コア)、Kirin 9000EはMP22(22コア)、NPUはKirin 9000が2xBig+1xTinyの計3コアですがKirin 9000Eは1xBig+1xTinyの2コア構成を採用しています。Kirin 9000のARM Mali-G78 MP24はARM Mali-G78を搭載できる最大容量となっています。そのため、もし他社がARM Mali-G78を採用したとしてもMP24が最大となっているので、MP28やMP26といったものは出現しません。

 

Kirin 9000のトランジスタ数は153億、この数は5nm製造プロセスを採用したApple A14 Bionicよりも30%も多いようです。この他Kirin 9000/Kirin 9000EのCPUはSnapdragon 865+と比較して10%高速、Kirin 9000のGPUはSnapdragon 865+と比較して52%高速、NPUはAI Benchmark 4.0 ETHにおいて148008点でSnapdragon 865+よりも2.4倍高速、消費電力はSnapdragon 865+と比較してCPUは25%・NPUは150%・GPUは50%の効率化、5G通信はSnapdragon 865+とSnapdragon X55の組み合わせと比較してフィールドにおける下りは2倍・上りは5倍のスピードを実現、カメラ性能はKirin 990 5Gと比較してスループットは50%高速・ビデオノイズリダクションは48%の改善を実現となっています。比較対象はApple A14 Bionic、Snapdragon 865+、Kirin 990 5Gと多種類に分かれているため、何と比較して性能が高いのか正しく理解しましょう。

 

Kirin 9000とKirin 9000EはHUAWEI Mate40シリーズ製品が搭載し、Kirin 9000EはHUAWEI Mate40、Kirin 9000はHUAWEI Mate40 Pro、HUAWEI Mate40 Pro+、PORSCHE DESIGN | HUAWEI Mate40 RSが搭載しています。価格はHUAWEI Mate40が8GB+128GBモデルが899ユーロ(約111,410円)、HUAWEI Mate40 Proは8GB+256GBモデルが1199ユーロ(約150,000円)、HUAWEI Mate40 Pro+が12GB+256GBモデルが1399ユーロ(約175,000円)、PORSCHE DESIGN | HUAWEI Mate40 RSは12GB+512GBモデルが2295ユーロ(約285,000円)に設定されています。

 

 

Source(1) | (2) | (3) | (4) | (5)