Galaxy S22 5Gシリーズが中国の3C認証を通過、型番規則の変更を確認

Galaxy S22 5Gシリーズが中国の3C認証を通過、型番規則の変更を確認

2022年のSシリーズ製品、Galaxy S22 5Gシリーズ3製品が中国の3C(中国強制認証)を通過しました。

 

今回認証を通過したのはSM-S9080、SM-S9060、SM-S9010の3製品で、それぞれの製品名はGalaxy S22 Ultra 5G、Galaxy S22+ 5G、Galaxy S22 5Gと考えています。そして、リーク通りに型番が“G”から“S”へ変更されており、どのシリーズに属するのかわかりやすくなっています。

 

製造工場は東南アジアのベトナムと記載されており、少なくとも中国市場向けのGalaxy S22 5Gシリーズはベトナムで製造されるようです。充電はEP-TA800を利用した際に3製品とも11V/2.25Aの25W(PPS)に対応しています。

 

中国市場向けのGalaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 5GはSnapdragon 888 5Gを搭載していましたが、Galaxy S22 5Gシリーズでは広く販売されるモデルはSnapdragon 898 5Gを搭載し、China Telecom(中国電信)向けはExynos 2200の搭載が有力視されています。ただ、今回はChina Telecom向けと思われる製品は認証を通過しませんでした。

 

 

Source | 画像