iPhone 13 Pro Max、12 Pro Max、11 Pro MaxのAnTuTu Benchmark v9スコアを比較

iPhone 13 Pro Max、12 Pro Max、11 Pro MaxのAnTuTu Benchmark v9スコアを比較

2021年発表のiPhone 13 Pro Max、2020年発表のiPhone 12 Pro Max、2019年発表のiPhone 11 Pro MaxのAnTuTu Benchmark v9スコアを比較します。それぞれの容量は6GB+1TB、6GB+256GB、4GB+256GBです。

 

A15 Bionic搭載のiPhone 13 Pro MaxのCPU性能は219,182点、GPU性能は336,715点、MEM性能は164,089点、UX性能は134,233点で、総合性能は854,218点です。容量は前述の通りRAM 6GB+内蔵ストレージ 1TBです。

 

A15 Bionic搭載製品はiPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone mini(第6世代)がありますが、3種類存在していることが明らかになっています。

 

A14 Bionic搭載のiPhone 12 Pro MaxのCPU性能は192,163点、GPU性能は278,144点、MEM性能は128,497点、UX性能は131,459点で、総合性能は730,262点です。容量はRAM 6GB+内蔵ストレージ 256GBです。

 

A13 Bionic搭載のiPhone 11 Pro MaxのCPU性能は147,231点、GPU性能は263,597点、MEM性能は103,360点、UX性能は120,095点で、総合性能は634,283点です。容量はRAM 4GB+内蔵ストレージ 256GBです。

 

A13 BionicはiPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone 11の他に、iPhone SE(第2世代)も搭載しています。また、タブレットではiPad(第9世代)が搭載しています。

 

製品名 13 Pro Max 12 Pro Max 11 Pro Max
CPU性能成長幅 14% 31% 15%
GPU性能成長幅 21% 6% 39%

従来製品からの成長幅(%)をまとめてみました。iPhone 11 Pro MaxはA12 Bionic搭載のiPhone XS Maxと比較しています。継続して成長しているようですが、A14 BionicはGPU性能がA13 Bionicからあまり成長しなかったようです。

 

一方でA15 BionicはCPU性能とGPU性能ともに大きく成長しており、Appleは次のステージに進んだ可能性があります。2022年に発表される次期iPhoneが搭載するA16 Bionicに期待がかかります。