来週火曜日にbeta版のファームウェアを配信、エンジニアが明かす

来週火曜日にbeta版のファームウェアを配信、エンジニアが明かす

Meizu News

中国湖北省武漢市で発生したと考えられているCOVID-19(新型コロナウイルス)の影響によってFlyme OSの更新が滞っていましたが、来週にbeta版を配信することをエンジニアの0恩恩0氏が明らかにしました。

 

最新のファームウェアは春節前に公開されたFlyme 8.20.1.7 betaとなっており、更新が約2ヶ月止まっている状態です。Android OSベースのFlyme OSにとって、更新が滞るのはセキュリティ上好ましくなく、更新再開を求める声が多くありましたが今回のエンジニアの回答によってひとまず安心ができます。

Meizuはbeta版を火曜日にリリースするので、順調に開発が進めば3月10日にリリースされるでしょう。

 

更新される機種はMeizuが第一線機種として更新を続けているMeizu 16s Pro、Meizu 16s、Meizu 16T、Meizu 16Xs、Meizu 16th Plus、Meizu 16th、Meizu 16 X、Meizu Note9、Meizu Note8、Meizu X8の10機種だと考えています。第一線機種は2019年に発表された機種と、多く売れた機種が対象です。

 

 

Source