Dimensity 9000とTSMC版Snapdragon 8 Gen 1もある程度の発熱が存在

Dimensity 9000とTSMC版Snapdragon 8 Gen 1もある程度の発熱が存在

TSMC N4製造のDimensity 9000はSamsung 4nm製造のSnapdragon 8 Gen 1と比較して発熱がほぼ無いと期待されていますが、残念ながらある程度の発熱は存在しているようです。

 

@数碼閑聊站氏はDimensity 9000(MT6983)とTSMC版Snapdragon 8 Gen 1(SM8475)はある程度の発熱があり、TSMC N4による消費電力の低下はあまりありませんと述べ、Dimensity 9000も発熱すると明らかにしました。

 

同氏は補足情報としてDimensity 9000は“通常の”Snapdragon 8 Gen 1と比較して消費電力の改善と発熱の制御に成功し、現在報告されているほどの発熱はないとしています。そのため、過度な期待は禁物ですが期待できる状態は続いています。

 

ただ、Snapdragon 8 Gen 1に関してはTSMC版はSamsung版と比較して消費電力の低下はあまりないと報告したため、期待できるのは発熱の改善です。高負荷なゲームや4Kや8K録画を行う人にとってはTSMC版は渡りに船ですが、それらを行わない場合はSamsung版Snapdragon 8 Gen 1で問題ないと思います。

 

現在、Snapdragon 8 Gen 1を搭載した製品はmoto edge X30に限られているので、SoCが悪いのか搭載製品が悪いのか不明な状態です。今後、Xiaomi 12とXiaomi 12 Pro、realme GT2 Pro、OnePlus 10 Proなどが発表されて“本当の原因”が明らかになるので、その時にTSMC版Snapdragon 8 Gen 1の存在意義が語られるでしょう。

 

Source | 参考