HONOR Magic3シリーズのCMOSイメージセンサーが判明

HONOR Magic3シリーズのCMOSイメージセンサーが判明

HUAWEIから独立したHonor Deviceは2021年8月12日にMagicシリーズに属するHONOR Magic3、HONOR Magic3 Pro、HONOR Magic3 至臻版(国際市場ではMagic3 Pro+)を発表しました。

 

今回、これら3製品が搭載しているCMOSイメージセンサーが判明しましたので参考になればと思いまとめます。

 

Magic3

(ELZ-AN00)

Magic3 Pro

(ELZ-AN10)

Magic3 至臻版

(ELZ-AN20)

前面 IMX518

(広角: 1300万画素, f/2.4)

- IMX688

(dToF)

背面 IMX766

(広角: 5000万画素, f/1.9)

IMX766

(広角: 5000万画素, f/1.9)

IMX700

(広角: 5000万画素, f/1.9, OIS)

OV13B10

(超広角: 1300万画素, f/2.2)

OV13B10

(超広角: 1300万画素, f/2.2)

OV64B

(超広角: 6400万画素, f/2.4)

OV64B

(モノクロ: 6400万画素, f/1.8)

OV64B

(モノクロ: 6400万画素, f/1.8)

OV64B

(モノクロ: 6400万画素, f/1.8)

- OV64B

(ズーム: 6400万画素, f/3.5, OIS)

OV64B

(ズーム: 6400万画素, f/3.5, OIS)

Weiboユーザーの@天天座夢世氏が取得したログによると前面カメラはToFの有無はありますが3製品共通、背面カメラはMagic3とMagic3 Proが近く、Magic3 ProとMagic3 至臻版が近く、Magic3とMagic3 至臻版は全く異なっているため上手に分けられていると感じます。

 

Magic3はMagic3 ProやMagic3 至臻版と同じく前面のカメラは2つ備わっているように見受けられますが、公式サイトの記述ではMagic3のみ「単摂」があって「3D深感摂像頭」の記述がないので“-”表記をしています。

 

「メインカメラ」の座はSonyが守っている様に見受けられますがその他はOmniVisionが占めています。少し前は高性能なカメラにSony製CMOSは必須条件でしたが、現在はOmniVisionだけでなくSamsung製CMOSをメインカメラに構える製品が多く発表されており、少しずつ認識を改めないといけないかもしれません。

 

Magic3の3製品は最初に中国で販売され、Magic3の8GB+128GBモデルが4599元(約77,500円)、8GB+256GBモデルが4999元(約84,500円)、Magic3 Proの8GB+256GBモデルが5999元(約101,000円)、12GB+512GBモデルが6799元(約115,000円)、Magic3 至臻版(12GB+512GB)は7999元(約135,000円)に設定されています。

 

SoCはMagic3がSnapdragon 888 5G、Magic3 ProとMagic3 至臻版はSnapdragon 888 Plus 5Gを搭載しています(ベンチマークによる比較はこちら)。ディスプレイはBOE製であることがBOE公式の発表から明らかになっています。

 

Source | 参考