Apple M2はTSMC N3で製造予定、A16 BionicはTSMC N4が濃厚

Apple M2はTSMC N3で製造予定、A16 BionicはTSMC N4が濃厚

MacBookやiPadが搭載したApple M1、Apple M1 Pro、Apple M1 Max、Apple M1 Ultraの後継製品のApple M2がTSMC N3で製造する可能性が出てきました。M1は性能向上版が後に発表されましたが、M2は同時にM2 ProとM2 Maxを発表すると予想されています。

 

Appleの元従業員が公開した情報によると、同氏は5nm+と3nm M-Series製品の開発に関わっていたようで、前者の5nm+ M-Series製品はM1とM1 Pro、M1 Max、M1 Ultraを指しますので、後者の3nm M-Series製品は後継製品のM2だと考えています。

 

今回の情報は、Apple M1がTSMC N5Pで製造されたと確定し、後継製品は3nm M-Seriesの記載があるため、複数の媒体で予想されている通り、M2の他にM2 ProとM2 Maxが同時に発表される可能性が高まりました。

 

TSMCの3nmはN3とN3B、N3Eがありますが、N3は2023年Q1に量産予定、N3Bは2022年Q3に量産予定、N3Eは2023年Q2に量産予定なので、2022年に発表された場合はN3Bの採用が濃厚です。N3は第1世代、N3Bは第2世代、N3Eは第3世代とされていますが、第1世代よりも第2世代が早く量産されるのか現状は不明です。

 

Appleは2022年9月にiPhone 14、iPhone 14 Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの4製品の発表が予想されていますが、Proを冠する製品はApple A16 Bionicを採用し、その他の2機種はiPhone 13の4製品が採用したApple A15 Bionicを継続採用すると様々な媒体で報じられています。Apple A16はTSMC N4での製造が濃厚のため、より高性能なApple M2は少し先の技術で製造されるようです。