Xiaomiが来年のXiaomiブランドとRedmiブランドのシリーズ展開を明らかに、CCシリーズは廃止か

Xiaomiが来年のXiaomiブランドとRedmiブランドのシリーズ展開を明らかに、CCシリーズは廃止か

Other

Xiaomiは2020年11月5日に開催した「MIDC・2020 小米開発者大会」にて今後のXiaomiブランドとRedmiブラントにおけるシリーズ展開の構想を明らかにしました。

 

MIDC・2020における生活的科技(Technology For Life)において小米集団副総裁兼小米手机部総裁の曾学忠(Ceng Xuezhong)氏が登壇し、今後はXiaomiブランドとRedmi by Xiaomiブランドを主軸として、XiaomiブランドはMIXとMiと青春の3シリーズ、RedmiブランドはRedmi KとRedmi XとRedmi NoteとRedmiの4シリーズを行っていくことを明らかにしました。2019年に発表されたものの製品化することはなかったXiaomi Mi MIX Alphaを最後にMIXシリーズは終了すると考えられていましたが、今後も戦略として残っていくようです。

 

Xiaomiは過去にMeitu(美図)との戦略的協力協定(パートナーシップ契約)を締結し、そのMeituらしさが色濃く出たXiaomi Mi CC9eやXiaomi Mi CC9、Xiaomi Mi CC9 Meitu Edition、Xiaomi Mi CC9 Pro、Xiaomi CC9 Pro Premium EditionのXiaomi CCシリーズが今回の発表では含まれておらず、わずか5機種で終了するのではないかと思われます。これら5機種はXiaomi CC9の名称ではなくXiaomi Mi CC9として発表されているのでMiシリーズに属する可能性も否めませんが、青春版に属する小米10 青春版 5GはXiaomi Mi 10 Liteとして発表されているため、CCシリーズの終了はほぼ確定と言っていいでしょう。

 

ちなみにCCにはcamera+cameraやchic(上品)、cool(かっこいい)、creative(クリエイティブ)、colorful(カラフル)の意味が含まれており、流行に敏感な若者をターゲットとして生まれたブランドとなっています。

 

Source