XiaomiがSoftBank専売製品としてRedmi Note 9Tを発表、日本市場初Dimensity搭載製品に

XiaomiがSoftBank専売製品としてRedmi Note 9Tを発表、日本市場初Dimensity搭載製品に

MNO/MVNO

Xiaomiは2021年2月2日に新製品発表会を開催し、その発表会で日本の移動体通信事業者となるSoftBank専売製品としてRedmi Note 9Tを発表しました。

 

Redmi Note 9Tは国際市場向けに発表しているRedmi Note 9Tをベースとしたモデルとなっており、主なスペックはAndroid 10(Android Q)をベースとしたMIUI、6.53インチ FHD+(2340x1080) TFT液晶、SoCはMediaTek Dimensity 800U、RAM 4GB+内蔵ストレージ 64GB(外部ストレージ: 最大512GB)、リアカメラは4800万画素+200万画素+200万画素のトリプルカメラ、フロントカメラは1300万画素、バッテリー容量は5000mAhとなっています。

 

日本市場での販売にあたって国際市場向けモデルとは異なる点があり、FeliCaを搭載しおサイフケータイに対応します。XiaomiおよびRedmi製品において今までFeliCaに対応した製品を発表していませんでしたので、Xiaomi初のFeliCa対応製品となります。

 

この他の「初」としてRemi Note 9Tが搭載しているDimensity 800Uがあり、中国市場や欧州市場ではMediaTek Dimensityを搭載した製品がいくつか発表・販売されていますが、日本ではいずれも行われていませんでしたので、Redmi Note 9Tの発表によって日本市場にDimensity搭載製品が初上陸となります。

 

Redmi Note 9TはSoftBank専売となり、2021年2月下旬以降に販売する予定で、2021年2月3日の10時より予約の受付を開始します。価格は19,637円(税別)に設定されています。

 

Source(1) | (2)