vivoがSamsung Exynos 980の採用を明らかに、5G市場の覇権争い進む

vivoがSamsung Exynos 980の採用を明らかに、5G市場の覇権争い進む

vivoがSamsungが発表した5Gモデムを初統合したSamsung Exynos 980の採用を明らかにしました。vivo製スマートフォンにおけるSamsung Exynos搭載機は今の所存在していません。

 

vivoが行ったメディア向け発表会にて採用を明らかにし、将来的にSamsung Exynos 980を搭載した5G対応スマートフォンを発表する予定のようです。Samsung Exynosは自社採用の他に過去にはZTE製品やMeizu製品に採用されていましたが、今現在はMotoloraのみが積極採用を行っています。こうした中、vivoが採用を明らかにするのは大口顧客を獲得したと同義で、Samsungの躍進が更に進みます。

 

Samsung Exynos 980は8nm FinFET製造プロセスを採用し、CPUはARM Cortex-A77+ARM Cortex-A55を採用、GPUはARM Mali-G76を採用しています。5G NR方式に対応していますのでEN-DCによってNR方式とLTE方式を同時通信すれば通信速度は下り最大3.55Gbpsに、この他1億800万画素カメラセンサーを有する「ISOCELL Bright HMX」に対応しており、フラッグシップ級の性能を誇っています。

 

vivoはこのSamsung Exynos 980を利用することでミドルハイ市場を席巻しようと考えている可能性があります。vivoの製品はQualcomm Snapdragon 855やSnapdragon 855 Plusを搭載した製品よりも、Snapdragon 712やSnapdragon 675を搭載した製品が多くリリースされていますので、フラッグシップ級の性能を誇るSamsung Exynos 980とvivoの製品展開はピッタリ合っています。

 

Source