Unisoc Tiger T710+Ivy 510が認証を通過、Unisocが5G市場に参入

Unisoc Tiger T710+Ivy 510が認証を通過、Unisocが5G市場に参入

Processor/Platform
スポンサーリンク

中国のUnisoc(紫光展鋭)製プロセッサーのUnisoc Tiger T710と5G対応モデムのUnisoc Ivy 510を搭載したプロトタイプモデルが、中国泰爾実験室(chinattl)の認証を通過しました。

 

Unisoc Tiger T710は製造プロセスが12nm FinFET、CPUが4xARM Cortex-A75(2.0GHz)+4xARM Cortex-A55(1.8GHz)のオクタコア構成、GPUがIMG PowerVR GM 9446(800MHz)となっています。

大きな特徴として革新的なデュアルコアのNPUを採用することによってAI性能が非常に高く、AI性能を計測することが出来るベンチマークのAI Benchmarkで12月29日現在、Qualcomm Snapdragon 855 Plusを上回って4位(28,097点)に位置しています。

 

通信モデムのIvy 510は12nm FinFET製造プロセスで、5G/4G/3G/2Gに対応、5G NRはSub-6GHzに対応し通信速度は最大で1.5Gbpsのダウンリンク(NSA/2.6GHz)となっています。

 

最近、Hisenseが2019中国移動全球合作伙伴大会(CMGPC/China Mobile Global Partners Conference 2019)にて5G対応のプロトタイプスマートフォンを展示し、その際にIvy 510が搭載されていました。SoCが不明でしたが、今回の認証によりUnisoc Tiger T710+Ivy 510の組み合わせだったのではないかと推測できます。

 

Unisoc製プロセッサーを積極採用しているHisenseからIvy 510を初搭載した5G通信に対応したスマートフォンが発表される可能性は大いに有り得るでしょう。

 

 

Source