Meizuのマスコットキャラクターの名称は「Pandaer」、関連した商品も販売

Meizuにはマスコットキャラクターのパンダがいます。有名所ではXiaomiやOPPOもマスコットキャラクターが存在していますが、その中でもMeizuのマスコットキャラクターはとりわけ全く有名ではありませんでした。

 

以前の名称は金剛熊猫(Gingang Xiongmao)という名称でしたが、字面を見るととても怖いイメージがあります。確かに2012年と2013年はキリッとした目つきをしており、名称にあったキャラクターデザインが採用されています。

しかし2015年以降は日本で言うゆるキャラのような優しいデザインに変更されており、名称とデザインに差が生まれています。

 

今回5月30日に行われた新製品発表会にて自社IP(マスコットキャラクター)の名称を変更することを発表し、その名称が「Pandaer」であると明らかしました。読み方はそのままで“パンダー”です。

今回はそれに伴って関連した商品を発表しています。

 

マウスパッド(700mmx300mmx4mm)とキャンバスバッグを発表し、それぞれ69元(約1,100円)に設定されています。販売は5月30日より行われています。

 

一応海外の名称として2016年に公募を行い、Zoomyに決定しています。今後どちらが優先されるのか明らかになっていませんが、「Pandaer」は公式の発表ということでこちらを優先するでしょう。