Tencent Black Shark 3 / 3 ProもTencent Black Shark 3Sと同じくGPUの最大周波数が905MHz対応へ

Tencent Black Shark 3 / 3 ProもTencent Black Shark 3Sと同じくGPUの最大周波数が905MHz対応へ

Processor/Platform

2020年3月に発表されたTencent Black Shark 3、Tencent Black Shark 3 Proが最新のアップデートでGPUの最大周波数が905MHzへオーバクロックが可能になっていることが明らかになりました。

 

Tencent Black Shark 3、Tencent Black Shark 3 ProはQualcomm Snapdragon 865 5Gを搭載しているので通常であれば587MHzが最大周波数となりますが、Closed Beta Userに配信されている最新のアップデートとなる「JOYUI 12.20.07.31」で、最大周波数が905MHzになっていることが確認できたようです。この905MHzは先日発表されたTencent Black Shark 3Sが採用している周波数なので、Tencent Black Shark 3とTencent Black Shark 3 Proは最新機種と同じ性能を有することになります。(リフレッシュレートやRAM、内蔵ストレージの規格はそれぞれ異なります。)

 

注意点として905MHzは“最大周波数”となっている点で、ゲーム利用時は587MHzや725MHzで動作が安定し、ベンチマークソフト利用時でも905MHzまで上昇するのは一時的となっているのでベンチマークスコアも異様に高くなることはなく、905MHzの恩恵を感じる瞬間はあまりないと考えています。そのため、Tencent Black Shark 3とTencent Black Shark 3 Pro、Tencent Black Shark 3SはGPUのオーバークロックが出来るという認識は持ちつつも、通常の587MHzで満足のいく使用が出来るので905MHzの利点は少ないと認識することが大事でしょう。

 

 

Source