HuaweiのMateシリーズの成長を支えた楊柘(Jeffrey Yang)氏がMeizuに入社

先日人事異動が発表されたMeizuに、TCLのCOO(チーフオペレーティングオフィサー)という最高執行責任者を務めていた楊柘(Jeffrey Yang)氏が入社することが判明しました。

 

人事異動と同時に大きく分けて3つの事業展開を行い、MX・PROシリーズを展開している魅族(MEIZU)、Mシリーズを展開している魅藍(MEILAN)、Android OSをベースとしたカスタムUIを展開しているFlymeになりました。

今回、楊柘(Jeffrey Yang)氏が入社するのは魅族(MEIZU)で、噂では魅藍(MEILAN)に入社するのではないかと言われていました。

 

入社が明らかになった楊柘(Jeffrey Yang)氏はSAMSUNGの中国支部におけるCMO(チーフマーケティングオフィサー)というマーケティングの最高責任者の務め、その後HuaweiのCMOを務め、在任中にHuaweiのMateシリーズのコンセプトに「爵士人生」という名称をつけ、Huaweiを大きく成長させました。

その後、TCL社の中国におけるCOO(チーフオペレーティングオフィサー)という最高執行責任者を務め、「Tout Comme La Vie宛如生活(人生のように)」というコンセプトを発表し、TCLの売上に大きく貢献しています。

 

Source