Meizu 18とMeizu 18 Proの2K+120Hz同時駆動のテストがMEIZU内部で開始

Meizu 18とMeizu 18 Proの2K+120Hz同時駆動のテストがMEIZU内部で開始

2021年3月17日
Meizu 18/18 Pro

2021年3月3日に発表されたMeizu 18Meizu 18 Proの2K+120Hzの同時駆動テストを開始したとMEIZU社員のJerry-Long氏が明らかにしました。

 

両機種は2K+(3200x1440)と最大120Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイを搭載していますが、最高設定の2K+120Hzの同時駆動には対応していません。ディスプレイはGalaxy S20とGalaxy S20+と同じなので、ハードウェア起因による非対応だと考えられていましたが、3月8日にMEIZUは2K+120Hzの同時駆動をOTAにて解禁すると発表し、技術的な要因で非対応にしていることが明らかになっています。

 

その発表から数日後の3月17日にMEIZU社員のJerry-Long氏は2K+120Hzが同時駆動している状態を撮影したスクリーンショットを公開し、具体的にいつOTAを配信するかわかっていませんがそう遠くない将来に配信される可能性が見えてきました。

 

2K+120Hzの最高設定を開放するのはユーザーの選択肢を増やすので非常に喜ばしい事象ですが、バッテリーの消耗が激しいのが目に見えているのでロマン要素が強く、高画質かつ高リフレッシュレートで安定度が高いのはOnePlus 8 Proが採用している2K+90Hzになるでしょう。

 

 

Source | 参考