Meizu 16th PlusがGeekbenchに登場。RAM 8GBを搭載

8月8日に発表を控えているMeizu 16シリーズの大画面モデルとなるMeizu 16th PlusがGeekbenchに登場しました。小型モデルとなるMeizu 16thは少し前に姿を現しています。

 

8月7日現在、2回計測が行われており、スペックはAndroid 8.1.0 Oreo、RAM 8GBとなっています。スコアは1回目がシングルコア性能が2352点とマルチコア性能が8808点、2回目がシングルコア性能が2349点とマルチコア性能が8764点となっています。このスコアはQualcomm Snapdragon 845の平均的なCPU性能で、ASUS ROG Phoneの様なオーバークロック等の改造は行っていません。

 

今回Meizu 16th Plusが姿を現したことによって明日発表される4機種の内、2機種の確認ができています。明日発表されるのはSnapdragon 845を搭載したMeizu 16thとMeizu 16th Plusの他に、Snapdragon 710を搭載したMeizu X8とMeizu 16Xの存在が明らかになっていますが、今の所どのベンチマークサイトにも姿を現していません。

ちなみに天猫では型番と名称が一致するように書かれており、M882QはMeizu 16th、M892QはMeizu 16th Plusとなっています。EEC(欧州経済共同体)でもMeizu 16やMeizu 16 PlusではなくMeizu 16th、Meizu 16th Plusとして認証を通過していましたので、8月8日に発表されるのはMeizu 16th/16th Plusになる見込みです。

 

 

Source