Meizu 15と思われる「M881」の筐体画像がTENAAによって公開

未発表型番「M881」が2018年3月22日付けでTENAA(中華人民共和国工業情報化部)の認証を通過したことによって筐体デザインの画像が公開されました。この「M881」はMEIZU創立15周年を祝った記念モデルとなる魅族15(Meizu 15)シリーズの中位モデルとなるMeizu 15だと考えています。

「M881」に限り型番末尾に中国移動・中国聯通・中国電信の3つのネットワークに対応した全網通公開版であることを表す“Q”の他に、中国移動向けにカスタマイズされている中国移動定制版であることを表す“M”があります。

 

公開された画像は前面背面、右側面左側面を確認することが出来ます。前面上部にはカメラが1つ、下部には円形のホームボタンが配置されています。この画像を見る限りでは現在主流の18:9のアスペクト比のディスプレイではなく16:9のアスペクト比のディスプレイに見えます。ホームボタンがApple iPhoneにそっくりな円形ホームボタンとなっており、恐らくは発表時に“iPhoneにそっくりなMEIZUスマートフォン”として紹介されるでしょう。背面には縦に並んだデュアルカメラの下に円状になっているLEDフラッシュが配置されています。このLEDフラッシュは2016年のPROシリーズに採用された10個のLEDが配置された珍しいものです。

左側面にはボリュームボタンが別々のボタンで配置され、右側面にはSIMトレイと電源ボタンが配置されています。今までMEIZUはSIMピンを使った方式に変更してから全て左側面に配置していましたが、この「M881」は初めてとなる右側面に配置されています。初めてMEIZUのスマートフォンを使う人にとっては影響ありませんが、今まで1機種でも使ってきた人にとっては戸惑うところがあるかもしれません。

このデザインは同じ日に認証を通過したMeizu 15 Plusと思われる「M891」と同じデザインで、Meizu 15はMeizu 15 Plusの小型モデルとしてリリースされる可能性が高いです。

 

Meizu 15のスペックは今現在は削除されていますが一時掲載されていたAndroid公式サイトに掲載してあったものだとAndroid 7.1.1 Nougat、5.5インチディスプレイ、RAM 4GB + 内蔵ストレージ 64GB/128GB、指紋認証対応、NFC非対応です。

TENAAによって公開されたスペックでは5.46インチの143 x 72 x 7.25 mmでバッテリー容量は2940mAhとなっています。

リリース時期は2018年4月が濃厚です。

 

Source