Samsung Exynos 980、Exynos 990は新ガバナーとして“energy_step”を採用

Samsung Exynos 980、Exynos 990は新ガバナーとして“energy_step”を採用

Processor/Platform

Samsungが開発した自社プロセッサー、Exynos 980とExynos 990は独自のCPUガバナー(Governor)として“energy_step”を採用していることが明らかになりました。

 

CPUガバナーは「どのようにCPUの動きを制御するか」を表していて、ondemandやperformanceが有名です。AndroPlusによると、ondemandは必要な時に即周波数を引き上げるが、周波数が下がるのは段階的なのでバッテリーの持ちが悪くなるCPUガバナーで、performanceは常に最大周波数にするためベンチマークやゲームをする時程度した使いみちがないCPUガバナーとなっています。このため、ガバナーによって快適性やバッテリーの持ちに影響していることがわかります。

最近はスケジューラによってCPUの周波数が選択される“schedutil”が標準となっていて、これはLinux Kernel 4.7(2017年7月)から追加された比較的新しいCPUガバナーです。

 

SM-G986B/SM-G988N

今回、Geekbenchに登場しているExynos 980を搭載したvivo X30 Pro 5G(vivo V1938CT)、Exynos 980を搭載した未発表のSamsung Galaxy A51 5G(SM-A516N)、Exynos 990を搭載した未発表のSamsung Galaxy S20+ 5G(SM-G986B)を開発者向け隠しコードを使ってガバナーを拝見すると、全て共通して“energy_step”の記載がありました。一方で未発表の韓国市場向けSamsung Galaxy S20 Ultra 5G(SM-G988N)はQualcomm Snapdragon 865 5Gを搭載していますが、こちらのガバナーは従来の“schedutil”の記載がありますので、Exynos 980とExynos 990が限定して採用していることがわかります。

 

このガバナーは日常利用における快適性に影響するため、購入する際には様々なレビューを見る必要がありそうです。2020年初頭ではSnapdragon 865、Exynos 990はオーバースペックになるのは間違いないので、自分が何に重きをおいているのかを判断し、購入に至ってほしいと思います。

 

Source(1) | (2) | (3) | 参考(1) | (2)