サムスン電子は自社開発SoCを諦めず、MX事業部に新チームを設立

サムスン電子は自社開発SoCを諦めず、MX事業部に新チームを設立

※ 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

サムスン電子は、2023年に展開するGalaxy S23系列ではすべての国と地域でSnapdragon 8 Gen 2を搭載する見込みで、自社開発SoCのExynos 2300を搭載しない方向で開発を進めているとされています。それと関連してサムスン電子が自社開発SoCの開発を諦めたとの報道もありますが、どうやら諦めていないことが判明しました。

 

韓国メディアによると、12月14日、サムスン電子が最近行った組織改編を通じてMX事業部に「APソリューション開発チーム」を新設したことが判明したようです。APはモバイルアプリケーションプロセッサを意味し、Exynos 2200やSnapdragon 8 Gen 1などが該当します。そのため、MX事業部でSoCに関するチームが発足したことを意味します。

 

チーム長はMX事業部の副社長のチェ・ウォンジュン氏が務めることが明らかになっており、同氏はソウル大学を卒業後、韓国科学技術院(KAIST)の研究員を経て、アセロス・コミュニケーションズでチップセット設計を行いました。同社は2011年にQualcommに買収され、その後、2016年にサムスン電子に引き抜かれて無線事業部次世代製品開発グループ長に就任し、今回の事業編成で新チームの長となりました。

 

気になる点として、サムスン電子にはすでにDS事業部内にシステムLSI事業部があり、その事業部は「AP開発室」という職責があるため、今回の事業編成によって複数のAPを管理する事業部やチームがあることになります。これに伴って複数の解釈が生まれ、新チームが行うのは少し前から噂されていた「Galaxy専用AP」を開発することが有力視されています。

 

Exynos 2200やExynos 1280は競合他社が採用していないので「Galaxy専用AP」になっていますが、これは競合他社が採用せずサムスン電子のみが採用したことで「実質的にGalaxy専用AP」になったものなので、今回の噂されている「Galaxy専用AP」は完全に自社のみが採用するクローズドな製品を開発することを意味します。AppleのA・M系列や、HUAWEIのKirinがその例に当てはまるでしょうか。

 

ちなみに、新設したチームの規模と役割については不明で、サムスン電子は今回の報道に対して「組織改編の内容については、公式に明らかにすることは出来ない」と話しています。

 

Source(1) | (2) | (3) | (4)