Meizuがネパールのスマートフォン市場へ参入

Meizuがネパールのスマートフォン市場へ参入することを明らかにしました。

代理店は明らかにされておらず、ネットでの販売が主になると考えております。

また、首都のカトマンズにMeizuのカスタマーサービスのオフライン店舗を設置することを公表してます。

 

 

ネパールで販売開始されるスマートフォンは、MシリーズスマートフォンのMeizu M3 Note、Meizu M3sとなっております。

両スマートフォンはRAM 2GB / 内蔵ストレージ 16GBとRAM 3GB / 内蔵ストレージ 32GBのモデルが有りますが、販売されるのはRAM 3GB /内蔵ストレージ 32GBモデルのみとなっています。

どちらも公式の方法でRoot権限を取得できるもので、それをアピールするために、Meizu M3やMeizu M3Eの販売はされないのでしょう。

 

 

また、MXシリーズスマートフォンを2ヶ月以内に販売開始させるという事も告知しており、2016年度のMXシリーズスマートフォンはMeizu MX6ですので、こちらが販売されるでしょう。

調べてみたが、6月末現在でネパールの通信事業者は4G LTEの電波を出しているところがないため、せっかくの4G LTE対応スマートフォンですが、真価を発揮することは出来ません。

 

参考

  • blog of mobile » Blog Archive » ネパール当局が4G LTEサービスのライセンス交付に向けて準備
  • Nepal Telecom :: Nepal Doorsanchar Company Limited

 

Meizu M3 Noteの価格は NRS.(ネパール・ルピー) 24,955/- で日本円にして約26,000円、Meizu M3sの価格はNRS. 21,495/- で日本円にして約20,000円となります。

現地のスマートフォンから考えると,僅かだが価格が高く設定されています。

 

 

Meizu m3 noteのスペックは、Android OS 5.1 LollipopをカスタマイズしたFlyme OS 5、1920 x 1080の5.5インチフルHDディスプレイ、SoCにHelio P10(MT6755M)のオクタコアプロセッサ、GPUにMali-T860、メインカメラ1300万画素の前面カメラ500万画素、RAM 2GB / ROM 16GBとRAM 3GB / ROM32GBの2モデル展開です。

Meizu M3sのスペックは、Android 5.1 LollipopをベースとしたFlyme 5.1、画面解像度は1280 x 720のHDの5.0インチ、SoCにMediaTek製のMT6750、GPUにMali-T860、リアカメラが1300万画素・フロントカメラが500万画素、RAM 2GB / ROM 16GBとRAM 3GB / ROM32GBの2モデル展開、バッテリー容量は3020mAhとなっています。

 

 

Source