Meizu m2 note用カスタムKernel「Blood Kernel」がリリース

カーネルソースが公開されている、2015年度のMシリーズスマートフォン、Meizu m2 noteにカスタムカーネルとなる「Blood Kernel」がロシアでリリースされました。

オーバークロック、ガバナーの追加、I/Oスケジューラの追加などが行われております。

 

主な機能は以下となっております。

  • OverClock to 1.495MHz
  • Increased throttling frequences to 1.040MHz
  • Goverors:
    • LionFish
    • Conservative
    • Ondemand
    • UserSpace
    • PowerSave
    • Intercative
    • Perfomance
  • I/O Shedulers:
    • Noop
    • DeadLine
    • CFQ
    • Zen
    • SioPlus
    • Fiops

 

このカスタムカーネルはGithubにてソースを公開しています。

クローンすれば自分で作成することが出来ます。

 

カスタムカーネルはTWRPからインストールする方式を取っております。

Fastbootからインストールする場合は以下のコマンドを入力して下さい。

 

 

初版(r1.0)は2016年9月29日にリリース、修正版(r1.1)は2016年10月2日にリリースされています。

今現在更新が続けられているカスタムカーネルとなっています。

Kernelのバージョンは3.10.103です。

 

 

Meizu m2 noteのカーネルソースは以下の記事をご覧ください。

 

Source

作者

作者のGithub