未発表型番「M570Q-S」が3Cの認証を取得。Meizu Pro 6のアップグレードモデルか

未発表型番の「M570Q-S」が中国の認証機関である3Cの認証を取得しました。

認証を取得したのは2016年10月9日となっています。

 

 

ACアダプターの型番は、「UP0830」と「UPS0830S」となっており、電流値 / 電圧値は、「3A / 5V」と「3A / 8V」と「2A / 12V」となっております。

Meizu Pro 6やMeizu MX6の値と同じですので、mCharge対応スマートフォンであることがわかります。

しかし、ACアダプターの型番に「S」とついているものが有り、無印とSでどのような差があるのか不明です。

QC 2.0レベルの充電であることがわかります。

 

 

認証を取得した型番は「M570Q-S」となっています。

「M570Q」というのは、全網通公開版のMeizu Pro 6と同じ型番で、それに「S」というのが付随しますので、Meizu Pro 6をベースとしたアップグレードモデルの可能性が高いです。

既存のスマートフォンに「S」を付けて販売するのは、XiaomiやAppleが有名です。

Meizuでは今年始めて、Meizu M3のアップグレードモデルとなるMeizu M3sを発表しています。

順当に名前がつくのであれば、「Meizu Pro 6s」となるでしょう。

 

 

Meizu Pro 6のアップグレード版は噂レベルの情報が多く、信憑性が非常に低いのでReaMEIZUでは取り上げておりませんでした。

今流れている噂情報では、Meizu Pro 6sには2つのモデルが存在し、名称が「Meizu Pro 6s」と「Meizu Pro 6s Plus」となるようです。

「Meizu Pro 6s」はSoCにMediaTek製Helio P20(MT6757)が搭載され、「Meizu Pro 6s Plus」にはSAMSUNG製Exynos 8890が搭載されるようです。

更に、「Meizu Pro 6s Plus」には両側面がカーブしたボディになるそうです。

 

 

未発表型番は「M611A」というFlyme powered by YunOSが搭載されるのが確定しているスマートフォンもあります。

おそらく、「M611A」はMシリーズスマートフォンとして発表されるでしょう。

 

Source